8月1日(火) 盆踊り講習会

   この日、地域の方4名に来ていただき、全員が浴衣を着て、盆踊りを教えていただきました。風情あふれる時間でした。出張で見られなかったのがとても残念でした。田峯の盆行事は、民俗文化財に指定されているそうです。地域の文化を継承していくことは、とても大切です。盆踊りは、今月17日に行われます。地域の一員として、地域の文化を学び、継承してくれることと思います。

clip_image008 clip_image004

clip_image002clip_image006

8月1日(火) 転入式

   出校日でした。この日、転校生があり、全校児童に紹介しました。児童会長から「来てくれてありがとう。」と歓迎のことばが述べられました。顔見知りの子も多く、みんな転入を喜んでいました。学校にとってもうれしいことです。ともに充実したときを過ごし、ともに成長していってほしいです。

image

7月20日(木) 1学期終業式

   1学期の終業式を行いました。式の中で子どもたち一人ひとりが、一学期にがんばったこと、夏休みに取り組みたいことを発表しました。児童会での取り組み、指導会での取り組み、算数の計算、水泳、一輪車を教えたこと、給食、人の話を聞くことなど、それぞれのがんばりを聞くことができました。校訓「じょうぶで なかよく がんばる子」たくましい峯っ子を目指して取り組んでいますが、この1学期間では、それぞれの成長を感じることができました。学校は、いろいろな活動があり、その中で失敗したり、苦労したり、工夫したり、仲間とかかわって高めあったり、磨き合ったりして、自分をふり返りながら学び、そして次に生かし、少しずつ成長するところだと思います。成長をあわてることなく、こつこつと着実に積み上げていくことが大事だと思います。みんなのがんばり、みんなの成長はうれしいです。

また、終業式の後、秋花壇デザインの表彰を行い、1年生の女の子が表彰されました。自然の様子を表したこのデザインは、今年の花壇のデザインとして採用されます。

clip_image008clip_image004

clip_image006clip_image002

7月19日(水) 里帰り人形展開催

   この日の10時から豊川市桜ヶ丘ミュージアムにおいて、里帰り人形展がスタートしました。オープニングセレモニーでは、青い目の人形を送ってくださった宣教師ギューリック氏のお孫様であるギューリック三世夫妻と「ミス愛知」の所有者アラン スコット ベイト氏もおみえになり、テープカットで開幕となりました。展示室の真ん中に「ミス愛知」を配置し、周囲のテーブルに、青い目の人形、新青い目の人形が展示されています。本校のグレースちゃんもガラスケースに入れていただき展示されています。

   中学年の育てていた枝豆が学級園でずいぶん大きくなっていましたが、本日塩茹でになり、おすそわけをいただきました。新鮮で塩加減もよく、とても美味しい枝豆でした。中学年の子たち、ごちそうさまでした。

image

   設楽町の低学年の児童が豊田市の交通安全センターに行って学習しました。交通安全に関する早押しクイズ、模擬道路を使って交通ルールを守りながら進む交通安全ウォークラリー、人形を使った模擬交通事故の見学などを体験しました。早押しクイズでは、田峯小1年生の女の子が優勝しました。模擬交通事故では、その様子に、交通安全を誓ってきたようです。交通安全のための施設で、いろいろな体験ができ、よい学習ができたようです。

clip_image002clip_image004

clip_image006clip_image008

clip_image010clip_image012

7月14日(金) 青い目の人形同窓会

   7月19日から開催される「青い目の人形と答礼人形里帰り展」に先立って「青い目の人形・新青い目の人形同窓会」が豊川市の桜ヶ丘ミュージアムで行われました。先日の朝礼のときに、子どもたちには、2か月間貸し出すことを話して、この日の同窓会に出発しました。会場には、青い目の人形と新青い目の人形が顔を合わせ、会の中で、所有している方たちにより、お人形さんの紹介がありました。19日には、日本に人形を贈る中心となったギューリック氏の一族のギューリック三世氏と答礼人形「ミス愛知」の所有者・アラン スコット ベイト氏がおみえになり、オープニングセレモニーが行われ、里帰り展がスタートします。これから2か月間寂しくなりますが、平和と国際交流の架け橋として、多くの方に見ていただけると思います。その代わり、本校の玄関先には、グレースちゃんの写真を飾ります。

clip_image002clip_image004

clip_image012clip_image010

clip_image008clip_image006

7月13日(木) アレルギー研修

   最近は、食物アレルギーをもつ子どもが見られるようになってきました。少し症状の重い子は場合によって、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。本校の子どもたちには、現在そうした症状を心配する子はありませんが、エピペンの使い方などは、毎年一度は確認しておきたいことです。この日は、現職研修の時間を使って、アレルギーのこと、エピペンの使い方、嘔吐物の処理、熱中症について確認しました。また、食物アレルギー以外にも、ハチのアレルギーの対策も考えていきたいと思います。

   廊下を歩いていると、スクールポストを使って、特技発表者の募集をしていました。児童会から今年度の新しい試みとして「特技発表会」の提案があり、自分の特技を発表したい人を募集しています。それぞれの子のことを知ってもらうために取り組みます。どんな子たちが応募し、どんな発表があるのか楽しみです。

image

7月12日(水) 巡回指導

   名倉小学校の栄養教諭の原田先生が巡回指導に来てくださいました。調理員さんの指導をしていただいた後、給食の準備の様子、会食の様子をみていただきました。そして、給食後、栄養指導ということで、今回は調理員さんの衛生面に気をつけた取り組みをクイズ形式で教えていただきました。「どんな様子か知っていますか?」と聞かれると、全員が「知らない」と答えていました。最初のクイズは、「調理員さんが調理しているときに手洗いの回数は?」と聞かれ、3択の内から10回を満場一致で選びました。答えは30回と聞いてとても驚いていました。他にも同じ野菜は3回洗うことやできたものの温度を何箇所でも確認することなど、給食を作るために、どれだけ細かいことに気をつけているかが分かったようです。今回の学習では、クイズや写真を使いポイントをしぼったお話で、とても分かりやすかったです。調理員さんの大変さを知ることができ、改めて感謝の気持ちをもって給食をいただきたいと思いました。

clip_image002clip_image004

clip_image006clip_image008