ゼロの日の朝 ~“峯っ子”を見守るやさしい人たち~

梅の花と教頭先生がお待ちかねの校庭に、町マイクロバスから3人のバス通学児童が降り立ちました。

運転手さんにお礼を言って、元気に「今日の一歩」を踏み出しています。

学校上の三叉路では、スクールガードの柳瀬さんが、いつものようにすべての通学団の歩く様子を見守っていてくれます。

やさしい気持ちに満ちた「ゼロの日」の朝!

心は満タンです!

IMG_6082IMG_6086IMG_6087IMG_6088IMG_60900310安全