人権講話① 「漢字で 感じる?」

月曜朝礼が始まるまでのひととき、校内放送で流している曲は「ビューティフル・ネーム(ゴダイゴ)」です。

ちょうど、今の1分間スピーチの題が「わたしの名前の由来」であることから、大切な一人一人への思いを込めて、かつての名曲(1979年 国際児童年の協賛歌)を登場させました。

朝礼講話では、昨年度の、

「女(傍らの人が)+喜(相手が喜ぶ姿を見て)=嬉しい」

と感じる「漢字パズル」の発展型で、

「心 + ちくちくとがった10本の毒針」

のお話しをしました。できた漢字は「悲」

IMG_4747IMG_4746

「さあ、皆さん、人が悲しんでいるのを見たらどうするのか!心の痛みはどうすればなくなるのか・・・?」

この問いは、教室に戻った高学年が見事に解いてくれました!

12月10日(木)の「なかよし(人権)集会」で、全校の前で「考え」を発表してもらいます。

次の集会を楽しみに、子どもたちは心穏やかに、新しい1週間をスタートさせました!