2月12日(火)、3年生が、保健福祉センターと進めてきた「命の学習」のまとめを行いました。

3年生の生徒たちが津具保育園の年長のときにスタートし、小学5年、小学6年、中学1年、中学3年(2回)と、これまでに6回行ってきた「命の学習」の様子を、保健福祉センターの石原さんが、その時の写真を中心に、冊子にまとめてくださいました。

clip_image002

はじめに、その冊子を使って、学習の様子の写真にコメントを書き込んだり、石原さんのお話を聞いたりして、これまでの学習を振り返りました。次に、「自分の将来を想像してみよう」のページに、結婚や赤ちゃん誕生などのシールを貼って、自分の将来を想像してみました。最後に石原さんから、次のようなお話をいただきました。

・性は心をもって生きるということ。

・自分の思いをもって、自分で考えて生きる。

・知識をいっぱいもって、自分で判断して行動する。

・悩んだら相談する。(保健福祉センターにも相談してください。)

長期にわたる学習の積み重ねのすばらしさ、地域で育てていただいていることのありがたさを感じました。本当にありがとうございました。

卒業を迎える3年生のみんなが健康で豊かに暮らしていけることを願います。

2月12日(火)、設楽町中学生海外派遣事業(海外研修)の交流先のアメリカシカゴ近郊のアーリントンハイツからイビーヒル小学校校長のスコット先生とウェストゲイト小学校長のブラッド先生、そして毎年、海外研修のお世話をしてくださっている米国在住の平松さんが、設楽町教育委員会の方々や設楽町地域おこし協力隊の橋本さんと共に来校されました。

clip_image002clip_image004clip_image006clip_image008

はじめに全校合唱を聴いていただきました。曲は「Gifts」です。次に、授業を参観していただきました。(1年英語、2年数学、3年理科)そして、2年生と一緒に給食でした。2年生は、3年生になって、5月15日から5月22日の日程で訪米する予定です。海外研修が、ますます楽しみになったと思います。

2月7日(木)、教職員、保護者、学校三師の皆さん、保健医療機関の方々に参会いただき、第3回学校保健員会を開催しました。本年度の活動テーマは「自己肯定感を基盤にして、自分で自分の心と体を大切にできる津具中生の育成 ~自分にあった生活リズムを考え、実行し、気持ちよく登校できるようにしよう~」です。

clip_image002

はじめに、本年度の活動を振り返りました。本年度はテーマに迫るために、「親子学習」や「親の学び-家庭教育研修-」を実施しました。また、テーマにかかわる生徒会活動にも取り組みました。次に、各学年の様子について確認しました。そして、生徒と保護者で実施した「心と体の健康に関するアンケート」や生徒の「自己肯定感の振り返り」などもふまえて、参会された方々からご意見やご感想、ご指導をいただきました。ありがとうございました。

参会された皆さま、日頃から、子どもたちの健康に気を配っていただきありがとうございます。

子どもたちが「自分の健康を自分で守ることができる」ように、これからも支え続けていきたいと思います。

2月7日(木)に、こころの健康に関する「標語コンテスト」の表彰がありました。

〇 したら保健福祉センター主催

clip_image004こころの健康推進標語

(いきいきしたら計画「こころに関する標語」募集)

優秀賞 「こころから 笑顔になれる 空間を

地域でつくろう みんなでつくろう」 山内佐和さん

優秀賞 「他人にも 心の元気 おすそ分け」 伊藤竜矢くん

〇 生徒会保健給食委員会主催

clip_image006こころいきいきキャンペーン こころの標語

(校内コンテスト)

1位 「気づいてよ 心のうらの 叫びにも」 村松李海さん

2位 「その声は きっと誰かに 届くはず」 渡邉大介くん

3位 「あなたには あなたを思う 人がいる」 村松音波さん

標語づくりをとおして、こころの健康やいじめ防止のことを考えたと思います。みんなが「こころいきいき」とした暮らしを送れることを願います。

津具中学校体験ツアー (2/4)

2月4日(月)の午後、1年生が企画した「中学校体験ツアー」(体験入学)が行われました。津具小学校の6年生7人と担任の先生が来校しました。

1年生は、津具中学校のことを伝えようと、学校クイズや質問タイム、学校案内や授業見学などを企画しました。1年生は、この企画運営をとおして、先輩になるという自覚をもつことができたと思います。

6年生のみんなが、津具中学校への入学を楽しみにしてくれたらいいなあと思います。

clip_image002clip_image004clip_image006

表彰を受けました (2/4)

clip_image002

平成30年度明るい選挙啓発ポスターで、1年河邊倖帆さんが愛知県「入選」(設楽町「入選」)を受賞しました。

第64回読書感想文愛知県コンクールで、3年藁科雅治歌くんが「優良賞」を受賞しました。

おめでとうございます。

北設楽郡中学校剣道新人戦 (2/2)

剣道の新人戦が2月2日(土)に津具中学校体育館で開催されました。津具中学校と豊根中学校が対決しました。津具中学校の成績は次のとおりです。

団体戦(男子) 優勝:津具中学校

1年個人戦 1位:伊藤竜矢くん、3位:佐々木迅くん

2年個人戦 1位:村松辰樹くん、2位:磯貝亮介くん

clip_image002clip_image004

りっぱな成績でした。試合をとおして、よいところや足りないところがわかって、これからの目標ができました。

会場では、小学生の剣道大会も同時に開催されました。津具の小学生もがんばっていました。中学生が大会運営のお手伝いをした動きもりっぱでした。

百人一首大会 (1/31)

1月31日(木)の6時間目に全校で百人一首大会を行いました。各学年の国語係さんの進行で、4つのグループに分かれて競い合いました。賞は、団体賞(学年対抗で、各学年の平均枚数を競う)と個人賞(個人の枚数を競う)です。

(学年対抗)優勝1年生

(個人賞)1位 髙木こころさん、2位 佐々木穂乃花さん、3位 熊谷妃彩さん

上の句を読み始めるとすぐに札を取る生徒もいて、レベルの高い対戦でした。楽しみながら、日本の文化に親しむことができました。

clip_image002clip_image004clip_image006clip_image008clip_image010

見つめよう・自分の心 (1/29)

1月29日(火)、学級活動の時間に全校で、自分の心の状態や成長を見つめる活動をしました。

はじめに、5月、11月、1月に行った自己肯定感の測定結果を振り返りました。次に養護教諭の原田先生から、津具中生の傾向や自分を知ることについて説明を聞きました。

clip_image002clip_image004

そして、スクールカウンセラーの浅村先生のご指導のもと、「新しい自分を発見する」というテーマで、「ジョハリの窓」をしました。「ジョハリの窓」とは、自分が知っている自分の特徴と友だちが知っている自分の特徴を4つの窓(カテゴリ)に分類することで、自分の特徴を知り、円滑なコミュニケーションに役立てていこうとするものです。「ジョハリの窓」の結果をもとに、浅村先生から、これからはこんなことに心がけていくといいよというアドバイスをいただきました。

学んだことを実践して、よりよい生活をしていけるといいなあと思います。

石田杯争奪剣道大会 (1/26)

clip_image0021月26日(土)、石田杯争奪剣道大会が星城高校を会場に開催され、津具中学校からは、男子チームと女子チームが参加しました。団体トーナメント戦で、男子は3回戦に進出してベスト16、女子は2回戦に進出しました。尾張地区の強豪相手に健闘しました。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ

配布文書