100M走実施(9/15)

9月11日に行った体育大会の際、グラウンドコンディションの都合で実施できなかった100M走をこの日の授業後実施しました。保護者の方も数名応援に駆けつけてくださり、競技を盛り上げてくださいました。ありがとうございました。

IMG_0485.JPGIMG_4045.JPGIMG_0521.JPG

欠席者がいたため、この種目の勝敗はまだ、確定せず、体育大会紅白対抗の結果は後日に持ち越しです。

体育大会(9/10)

体育大会当日の朝、準備もほぼ終えたころから、思った以上の雨になり、急遽、体育館に場所を移し競遊種目を優先して実施することにしました。

予定より20分ほど遅れての開始となりましたが、開会式では、生徒代表あいさつ、選手宣誓で体育大会を盛り上げようとする力強い決意が語られました。

IMG_2220.JPGIMG_2225.JPGIMG_2227.JPG

最初の種目は一般種目胴上げリレーです。接触を避けて楽しめる競技をということで、昨年度から始まった種目です。新聞紙にボールを乗せ、その場で組んだペアですが、みなさん息の合った動きでした。

IMG_2237.JPGIMG_2252.JPG

続いては、生徒会種目障害物競走です。一人一つ担当した課題に楽しく、精いっぱい取り組みました。結果は僅差で赤組の勝利でした。

IMG_2260.JPGIMG_2262.JPGIMG_2264.JPGIMG_2267.JPGIMG_2268.JPGIMG_2273.JPG

次は、盆踊りコンテストです。ちょっと踊っている時間が少ないような気もしましたが、赤白それぞれ、熱演を繰り広げました。

IMG_3989.JPGIMG_2315.JPGIMG_4012.JPG

休憩をはさみ、一般種目人間玉入れは、興津先生、事務の濵先生の持っているかごに入れると1点、ペットボトルに入れると2点です。両先生が投げられた玉に合わせてかごを動かすサポートが絶妙でした。

IMG_0066.JPGIMG_0062.JPG

続く種目は、学年対抗の長縄跳びです。どの学年も少人数のため、接触や生徒の疲労の程度も考え、一斉跳びのみとしました。2回戦合計回数で競い、なんと、1年生が初出場初優勝を飾りました。

IMG_2362.JPGIMG_2360.JPGIMG_2355.JPGIMG_2372.JPG

ここまで、屋内でできる種目を終えたこのころ、アッも上がり、トラックのコンディションも回復してきたので、グラウンドに移動して、トラック種目を行いました。

熱中症対策も叫ばれる昨今の状況を踏まえて、長距離種目は今年から男女とも1000Mに統一して混成種目としました。持ちタイムにより、2グループに分けてレースを行いました。事前の出場の希望のあった卒業生も参加し、レースを引っ張ってくれました。

IMG_2381.JPGIMG_2402.JPG

IMG_2403.JPG

選手の疲労回復のため休憩を取った後、この日最後の種目600m混成リレーを行いました。バトンとともに、紅白それぞれチームの心をつないで走りました。

IMG_4035.JPGIMG_0288.JPGIMG_0289.JPG

100M走は、選手の疲労とグランドコンディションを考慮して、後日、校内で実施することとしました。したって、総合優勝が決まるのも100M走を実施したのちとなります。

閉会式は、長縄優勝の1年生、盆踊りコンテスト優勝の白組、そして今年度から実施の混成1000M走の男子校内記録を樹立した生徒への表彰を行いました。そして、PTA会長さんからの「生徒の頑張る姿に感動しました。この状況下で体育大会を実施できたことに感謝し、これからも頑張ってください」という温かい励ましの言葉で幕を閉じました。

IMG_0297.JPGIMG_0299.JPGIMG_0300.JPG

変則的な実施となりましたが、場所や実施順序などの変更に快く応じ、また物品の移動や片付けにも積極的に協力くださった来場者の皆様のおかげで、この日の日程をなんとか終えることができました。ありがとうございました。

IMG_0313.JPG

親子調理教室(8/30)

小学校の前田栄養教諭を講師にお迎えし、PTA学習活動部の活動、親子調理教室が行われました。感染リスクを抑えるため、窓は全開放で換気し、一家族2人の人数制限、それぞれ専用テーブルにして調理、食事場所を分け、調理器具なども他の家族が触れないよう配慮して、実施しました。

前田先生から、メニューと調理手順の説明を聞いた後、それぞれの家族で、2人分の料理を作りました。どの家族も手際よく調理ができ(お母さん方の力が大きかったようです)予定より早くおいしく作り上げることができました。

IMG_2506.JPGIMG_2527.JPGIMG_2498.JPGIMG_2542.JPG

食事も、家族ごと同一方向を向いて黙食で行いました。

IMG_4006.JPG

食事の後、前田先生から、夏の時期や成長期に取るとよい食品や栄養素について教えていただきました。生徒からは、楽しくできた。家でも料理をしてみたい、お母さんの苦労がわかったなどの感想が聞かれました。

IMG_4012.JPG

夏を楽しむ会(8/25)

毎年恒例、生徒会執行部主催の夏を楽しむ会を行いました。全国的な新型コロナウイルスの感染拡大、愛知県での緊急事態宣言発令も控えている時期であることを考慮し、予定を変更して、講堂で少し距離をとり、静かにトランプをして夏の終わりのひと時を楽しみました。

IMG_3847.JPGIMG_2127.JPGIMG_2136.JPG

4日間の研修事業もいよいよ最終日です。ホテルを出発し、まずは国指定史跡青葉城址へと向かいます。戦国大名伊達政宗が築城したお城です。バスガイドさんから伊達家の歴史や築城の歴史、見所など説明を受けながら本丸跡を見学しました。IMG_3955.JPGIMG_3957.JPG

IMG_3818.JPGIMG_3965.JPG

見学を終え、次に向かったのは、最後の見学地、日本三景の一つ名勝松島です。

塩釜港から遊覧船に乗り、アナウンスガイドで見どころの説明を聞くとともに、語り部の方から、震災当時の様子を写真資料も見せていただきながら説明を受けました。

IMG_3969.JPGIMG_3972.JPGIMG_3973.JPGIMG_3979.JPG

松島港で船を降り、国宝瑞巌寺五大堂を見学しました。ちょうど33年に一度の御開帳の年で堂の中の様子も見ることができました。

IMG_3984.JPGIMG_3983.JPG

見学を終え、最後の食事です。仙台名物牛タンと三陸海の幸のお刺身をおいしくいただきました。

IMG_3825.JPG

昼食を終え、仙台空港、中部国際空港を経て津具支所に到着、4日間の研修事業を終えました。様々な場所や施設を実際にこの目で見、そした語り部の方からのお話、また道中バスガイドさんから震災やその地にまつわる様々なお話をお聞きしたことで、震災当時の様子、復興がまだまだ道半ばであることを実感するとともに、東北の歴史や文化の一端にも触れることができました。コロナ禍で様々な規制のある中、苦労してこの事業を企画してくださった町教委の方々、また各地でお話を聞かせてくださったり、お世話になった方々に感謝です。子どもたちの学びや感想は、今後事業の報告書にまとめるとともに、保護者の方への報告会(12月の予定)を行ってお伝えしていく予定です。

三日目は、まず、釜石鵜住居復興スタジアムに行きました。2019年のラグビーワールドカップの会場としても利用されたところです。津波で被災した小中学校の跡地に建設されています。釜石市とラグビーとの関係、釜石の奇跡と呼ばれた避難行動、スタジアム建設の経緯などをバスガイドさんから説明を受けた後、見学をしました。

IMG_3718.JPGIMG_3933.JPGIMG_3936.JPGIMG_3719.JPG

この後、内陸部へと向かい、遠野市を経て花巻市を目指します。当初の予定であった遠野総合防災センターの見学が施設の事情で中止になったため、車内でバスガイドさんから震災当時、被害の大きかった沿岸部の後方支援基地としての内陸部にある遠野市の果たしていた役割や、その後もさらに効果的な支援体制を着々と整えていること、また、民話のふるさととも知られていて各所にいろんな伝説が残っている地であることも教えていただきました。

花巻市では、岩手名物わんこそば体験の昼食をとりました。会場貸し切り(というか、コロナ下でお客さんが激減して休業状態で、予約が入ったときのみ営業するような厳しい状態なのだそうです)わんこそばの由来なども教えていただき、名物を味わいました。

IMG_3742.JPGIMG_3736.JPG

昼食後は仙台市に移動し、うみの杜水族館の見学をしました。震災後に建てられた施設で、避難場所としての機能も併せ持っていそうです。三陸海岸の生物を展示を見たり、またアシカやイルカのショーを楽しんだりしました。

IMG_3938.JPGIMG_3748.JPGIMG_3944.JPGIMG_3948.JPGIMG_3949.JPGIMG_3746.JPG

その後は、ホテルでこの日も地元の名産物を取り入れたブッフェ形式の夕食を味わい、一日を終えました。

IMG_3950.JPG

研修事業二日目は、ホテル内での朝食から始まります。この日の朝食はブッフェ形式でした。手指を消毒し、さらにビニール手袋という感染対策をしたうえで、自分の料理を盛っていきます。(この後のブッフェ形式の食事はすべてこの対策が取られていました。)

IMG_3894.JPG

ホテルを出発し、あいぽーと一関へ向かいました。ここは国土交通省が北上川(東北地方で一番大きな川だそうです)の治水管理をしてる施設で、治水に関する様々な展示もしています。台風、洪水など過去の災害の状況やそれを教訓にどんな対策がされているかを展示物や付近にある実際の設備を見ながら係の方が詳しく説明してくださいました。また、普段公開していない、実際にモニターで北上川の各所の水位などを集中監視しているところも見せていただきました。

IMG_3903.JPGIMG_3652.JPGIMG_3906.JPGIMG_3653.JPGIMG_3912.JPG

続いて、平泉にある名刹中尊寺を見学しました。専門ガイドの方の説明を聞きながら、平泉で栄えた奥州藤原氏の歴史や発掘調査の成果なども交えながらお寺の歴史や見どころを説明してくださいました。説明を聞きつつ国宝第1号指定の中尊寺金色堂(ここは撮影禁止でした)などを見学してきました。IMG_3660.JPGIMG_3916.JPGIMG_3666.JPG

この後、門前のお店で昼食、復興支援の意味もある地元の食材を使った料理をいただきました。

IMG_3678.JPG

午後は、沿岸部三陸海岸へと向かいます。震災当時、よく報道されていた陸前高田の奇跡の一本松も見てきました。併設の施設がコロナ禍の規制により休館になっていたため、運転手さんが、見やすいスポットで止めてくださり、またガイドさんがそれまでの陸前高田の歴史や震災当時の状況なども含めて一本松について詳しく説明してくださいました。

IMG_3682.JPGIMG_3919.JPG

この後、三陸鉄道に乗り陸前高田の盛駅から釜石市へと移動しました。三陸鉄道は津波により線路や車両に甚大な被害を受け、一昨年ようやく全線復旧した鉄道です。この日乗車したのは定期運航便ではなく、貸し切りの震災学習用の列車です。車内で社員の方から鉄道への被害や海外も含めた多くの支援で復旧してきたこと、また、途中途中の集落での被害の状況や地域に合った防災、減災の拡充が図られていることなどを教えていただきました。

IMG_3923.JPGIMG_3925.JPGIMG_3704.JPGIMG_3930.JPG

釜石駅からはバスで宿泊先のホテルに移動。ホテルでは、岩手県のブランド農産物をふんだんに使った夕食を味わい、この日の研修を終えました。(向かい合わせの配席ですが真ん中にアクリルの仕切り版が設定されています。見えにくいですが。)

IMG_3932.JPG

コロナ禍により中止となった海外派遣事業に代わる中学生の研修として、設楽町の人材育成研修事業が実施され、津具中の3年生も参加をしてきました。8月17~20日の4日間、宮城県、岩手県で東日本震災当時、そして復興、現在の状況を中心に各所を見学したり、お話をうかがったりしてきました。その1日目の様子を紹介します。

津具中生は朝、津具支所からを出発し、設楽中で設中生と合流し中部国際空港から、仙台空港へ向かいました。

IMG_3855.JPGIMG_3868.JPG

仙台空港では、被災時の津波による浸水したラインが空港の壁に記されていて、到着早々被害の大きさを実感させられました。この後、現地では、感染対策として、公共交通機関は使わず、4日間すべて貸し切りバスで移動しました。

IMG_3872.JPGIMG_3873.JPG

最初に訪れたのは、震災遺構(各自治体に1つ、震災の状況を後世に伝えるため、被災した当時の姿をそのままにして残すことにし、これを震災遺構というそうです。)s仙台市立荒巻小学校です。津波で2階まで水に浸かり、小学生や避難してきた住民の方がヘリなどで救助されるまでの緊迫した様子や、その後の復興や被災を繰り返さないための津波対策のことなどを現地の語り部の方から詳しく教えていただきました。

IMG_3887.JPGIMG_3874.JPGIMG_3879.JPGIMG_3885.JPG

次に向かったのは、仙台3.11メモリアル交流館です。ここでは、被災後の復興の足跡を中心に展示がされています。時系列での展示がされていたり、救助活動を行う消防隊員の記録や被災した方々への心のケアの記録など多方面の記録が展示されていました。

IMG_3629.JPGIMG_3893.JPGIMG_3620.JPG

この日の研修先はこの2カ所です。この後は、宿泊先のホテルで過ごしました。感染予防のため、一人一部屋に分かれ、部屋間の行き来、外出は禁止です。夕食もホテル内で、食事中はマスクをとるため、会話をせず黙食です。少し寂しいですが、感染を防ぐためには必要なことです。津具中もみな、よい子でおとなしく過ごしました。

IMG_3638.JPG

テニス新人戦(8/7)

8月7日、ふれあい広場テニスコートで郡中学校ソフトテニス新人戦が行われました。津具中学校テニス部は、1、2年生4人の部員で団体戦と個人戦に臨みました。残念ながら、勝利を手にすることはできませんでしたが、精いっぱいそして明るくプレイすることができました。引退した3年生や同級生も応援に来てくれました。応援してくださった皆様、ありがとうございました。

IMG_3824.JPGIMG_3829.JPGIMG_3834.JPGIMG_3839.JPGIMG_3844.JPG

職場体験②(8/4・5)

8月4日、5日の2日間、3人の生徒が、津具保育園で職場体験を行わせていただきました。

園内で園児と接したり、給食やおやつの準備や補助などしたりして、保育士さんの仕事を体験しました。園での一日にはいろいろな活動があり、それぞれに気を付けることがあり、気遣いが多いことを実感できたようです。

IMG_0331.JPGIMG_3812.JPGIMG_3814.JPGIMG_0335.JPGIMG_0343.JPGIMG_3806.JPG

プラザのプールでの園児の水遊びの補助も体験しました。(園内での小さいこの水遊びの補助もしました)

IMG_3799.JPGIMG_3786.JPGIMG_3782.JPG

掲示物を作る体験もさせていただきました。ほんの一部ではありますが園児と直接かかわること以外にも保育士さんには様々な業務があることも実際に学ぶことができました。

IMG_0367.JPGIMG_0356.JPG

今年の職場体験はこれで終了です。診療所、保育園のみなさまのご協力のおかげで、生徒たちは貴重な経験を積み、職業への学びを深めることができました。ありがとうございました。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

配布文書

     

リンク

     新型コロナウイルス感染予防のため、町教委の判断により、町内小中学校で統一して来賓の参列は遠慮していただき、生徒、保護者、職員のみでの式となりました。他地区では、在校生、保護者等の参加を見送る地区もあったようなので、21人の生徒全員で卒業を祝うことができたのはうれしいことでした。

    令和初の卒業生7名は、一人ずつ厳かに入場し、堂々と卒業証書を受け取りました。

    IMG_7974020303.JPGIMG_7989020303.JPGIMG_8001020303.JPGIMG_8007020303.JPGIMG_8009020303.JPGIMG_8014020303.JPGIMG_8017020303.JPGIMG_8023020303.JPGIMG_8026020303.JPG

    PTA会長さんの涙をこらえての祝辞に卒業生も胸に来るものがあったようです。

    IMG_8057.JPG

    在校生からの感謝の気持ちのこもったはなむけの言葉。合唱発表会での全校合唱曲を最後の思い出にもう一度一緒に歌いました。

    IMG_8074020303.JPGIMG_8093020303.JPG

    卒業生の答辞では、これまでの学校生活、かかわってきたたくさんの人たちへの思い、これからの決意を、ときに感情があふれ、涙がこぼれながらも力強く伝えきりました。

    IMG_8116020303.JPGIMG_8126020303.JPGIMG_8140020303.JPG

    例年より少ない人数での門出でしたが、思いのこもった暖かい雰囲気の式になりました。

    IMG_8211020303.JPGIMG_8223020303.JPGIMG_8227020303.JPGIMG_8229.JPGIMG_8296020303.JPG

    7名の卒業生は、津具中学校を巣立ち、これからそれぞれの道を進んでいきます。自分の選んだ道を力強く歩んでいくことを願い、またこれからも応援しています。

    卒業おめでとう!