6月15日(木) 晴天の下、田植えをしました(5年生)

5年生が総合的な学習の時間の中で取り組んでいる米づくりは、田植えの段階に進みました。子どもたちは、地域講師の夏目さんやボランティアの方々の手ほどきを受けて、一心不乱に苗を植えました。

田んぼに足をとられたり、苗を植えるときのかがんだ姿勢のつらさを実感したりして、「米づくりって、こんなに大変なんだ!」「ぼくの家では機械で植えているけど、人の手で植えるとすごくきついね!!」などの声を聞こえましたが、全員が精一杯、田植えに取り組みました。

今年は、苗の成長期に高温だったり、田植えの時期に雨が少なかったりと、米づくりには悪条件が続いています。しかし、地域講師の夏目さんには、子どもたちの米づくりの学習がうまく進むようにたくさんのフォローをしていただき、ここまでたどり着きました。今後とも、ご支援・ご協力をお願いします。

子どもたちや子どもたちの願いを支えていただいている地域の方々の思いが、秋の収穫に結びつくことを願っています。

imageimage

imageimage