学芸会への準備も着々と進んでいます。体育館のステージで練習をしたり、教室で踊りのリズムを合わせたりしています。

1 練習に熱が入っています!

1年生の教室では、「はじめのことば」の練習をしていました。子どもたちは元気な声を響かせていました。力いっぱい腕を伸ばして、気持ちを体で表現していました。(写真左)

2年生の教室では、劇の大道具の準備を全員で協力して行っていました。それぞれの子どもの目は、劇の演技を盛り上げる背景画にくぎ付けになっていました。(写真右)

imageimage

3・4年生は、合同で互いに劇を見合い、感想を発表したり、演技のアドバイスをしたりしていました。本番と同じように衣裳を着け、大道具も置いて、練習していました。子どもたちは、見られることで緊張していたようです。(写真左が3年生、右が4年生の練習風景)

どの学年も本番が、ますます楽しみです。

imageimage

2 息がぴったりの全校合唱

全校合唱では、入退場の練習をしました。3年生以上の子どもたちの歌声に合わせて、1・2年生の子どもたちが入場します。高学年の子どもたちが考えた振りつけもあります。一人一人の表情は、笑顔で、楽しそうでした。

各学年の発表、全校合唱とも子どもたちが全力で表現します。多くの方のご来場をお待ちしています。

imageimage

imageimage

本日も学芸会に向けた取組を紹介します。

1 劇の練習も本番モード

教室の横を通ると、劇の練習の声が響いていました。学芸会予行も近づき、大道具や小道具、衣裳なども準備が進んでいます。子どもたちのせりふは、登場人物の気持ちをうまく表現していました。本番では、上達した演技を見せてくれることでしょう。

imageimage

2 渡津さんによる合奏指導2日目

昨日に引き続きこの日は、2・4・6年生が、渡津さんに教えていただきました。子どもたちも上達していく自分を感じていたようです。子どもたちに感想を聞いてみると、次のような声が聞こえました。

・自分が意識していなかったところをアドバイスしていただいて、もっと上手になれた。

・上手に演奏できるようになってうれしかった。

・今まで以上に楽しく演奏できるようになった。

・曲をもり上げていく演奏の仕方が勉強になった。 など

教えていただいたことを生かし、子どもたちは成長を続けています。

imageimage

学芸会に向けて、取組のギアも一段上がり、学芸会に向けた準備が着々と進んでいます。

1 全校合唱

きれいなハーモニーを目指して練習を続けています。この日も、音楽情報委員会の子どもたちが合唱をリードし、練習していました。

一日一日と声の響きに深みが出てきたように感じました。

imageimage

2 渡津さんによる合奏指導

今週は、渡津さんに学芸会前最後のご指導をいただいています。この日は、1・3・5年生が渡津さんに教えていただき、演奏はリズムがよくなり、音の響きもきれいになりました。子どもたちも渡津さんのご指導を真剣に聞いて、自分たちの演奏をよくしようと取り組みました。

18日(水)は、2・4・6年生が、渡津さんからご指導を受けます。

imageimage

imageimage

3 小道具づくり

学芸会で使う小道具づくりにも、子どもたちは一生懸命に取り組んでいます。この日は6年生の子どもたちが、劇で使用する小道具を工夫しながら作りました。劇の中で、どのように使われ、どのように演じられるか楽しみです。さて、子どもたちが作っているものは、何でしょうか?答えは、劇の中で見つけてください!

imageimage

imageimage

1 学芸会もすぐそこにせまってきましたimage

体育館には、巨大な背景画が準備されていました。劇の様子が目に浮かぶような絵です。子どもたちは、きっとこの背景の前で生き生きとした演技を見せてくれることでしょう。

各学級では合唱・合奏、劇の演技練習に、こつこつと準備を進めています。きっとその成果が生きる学芸会になることでしょう。

2 音楽タイムの歌声が響きました

音楽タイムでは、全校合唱の練習を進めています。

本番と同じように並び、みんなの心を合わせて合唱しました。大きな口を開けて歌う子どもたちの目も真剣味をおびてきました。今回も指揮者に合わせて、高音部と低音部がきれいなハーモニーを体育館中に響かせていました。

子どもたちも、先生たちも、「もっとよいもの」を目指してがんばっていますimageimage

1月16日(月) 一面の雪景色

image

朝、学校は一面の雪でした。

道路も凍結しており、職員が融雪剤をまいたり、雪をかいたりして、子どもたちの登校に支障がないようにしました。

子どもたちは登校すると、いつも通り「おはようございます」と大きな声であいさつをしてくれました。 身に凍みるような寒さの中でも、子どもたちの笑顔は生き生きしていました。

子どもたちは登校すると、いつも通り「おはようございます」と大きな声であいさつをしてくれました。 身に凍みるような寒さの中でも、子どもたちの笑顔は生き生きしていました。

imageimage

休み時間は、子どもたちにとっていつもより楽しい時間となりました。すぐに運動場に出て、雪合戦や雪だるまづくりに夢中になっていました。

今回の寒波は、子どもたちにとってよいプレゼントになったようです。

imageimage

clip_image0023学期最初の読み聞かせグループ「おひさまの会」のみなさんによる朗読が行われました。

今回の読み聞かせは、1~3年生が対象でした。子どもたちは、「おひさまの会」のみなさんに読んでいただいている絵本を食い入るように見つめていました。

次回の読み聞かせは、高学年で行われます。子どもたちも、楽しみにしています。

imageimage

茶臼山高原スキー場でスキー教室を実施しました。雪不足が心配されていましたが、スキー場に到着すると、周辺は一面の雪景色でした。

開校式では26グループに分かれた子どもたちに、今回お願いした保護者を含む16名のスキーボランティア講師の方々を紹介した後、スキー教室がスタートしました。

imageimage

準備体操を済ませ、スキー板を着けると子どもたちは早速、ベルコンやリフトに向って行きました。1年生の子どもたちの中には、初めてのスキー体験という子どももいましたが、先生の話をよく聞いて、見る見るうちに上手に滑るようになりました。子どもたちは、一生懸命に練習に取り組みました。

imageimage

imageimage

スキーの練習をがんばった子どもたちは、昼食の時間になるとおいしそうにカレーライスを食べていました。スキーでできるようになったことなどの話に、花が咲きました。

imageimage

imageimage

午後の練習は、午前の練習を生かして、ますます上達した子どもたちの姿を見ることができました。最初は緩斜面で練習していた子どもの中には、リフトに乗って頂上から滑り降りることができるようになった子もいました。

閉校式で、講師の先生から「上手にすべることができるようになったと思う人?」との問いかけに、多くの子どもの手が上がりました。お礼の言葉を伝えた児童会長からは、上達を支えていただいた講師ーの先生方への感謝の気持ちを伝えました。本当に充実した1日でした。

お手伝いしていただいた保護者をはじめ講師の先生方、ご協力、ありがとうございました。

imageimage

imageimage

1月11日(水) 学芸会の準備着々

学級や学校の取組として、学芸会に向けた準備が進んでいます。

1 学芸会の衣裳や舞台道具づくり

各学級で劇の衣裳や小物づくりの準備を進めています。衣裳は、保護者のみなさんにもご協力いただいています。また、小道具や大道具づくりも、学級でこつこつと進められています。授業の合間には、大道具を練習会場まで運ぶ子どもたちの姿も見られるようになりました。本番が楽しみです。

imageimage

2 全校合唱の位置取り

全校合唱で子どもたちが歌う位置を決めるため、本番と同じように平台や箱足を用意し、みんなで並んで歌いました。働き者の高学年の子どもたちが台を運び、子どもたちが整列すると、全員の視線が指揮者に注がれました。そして、本番に向けて、きれいな歌声を響かせました。

学芸会まで残り12日です。

imageimage

imageimage

前回、4年生から6年生の授業の一部を紹介したので、今回は1年生から年生までの授業の様子を紹介します。

1・2年生:音楽科で、学芸会の合唱や合奏の練習に取り組んでいました。1年生は音楽室で、2年生は教室でそれぞれ鍵盤ハーモニカの練習に打ち込んでいました。先生の伴奏やリズムに合わせて、鍵盤ハーモニカをリズミカルに弾いていました。真剣に練習に取り組む子どもたちの目は、輝いていました。

imageimage

3年生:体育館で、劇の練習をしていました。大きな口の開け方や話すスピードに気をつけながら、表情豊かに演技をしていました。舞台の袖で子どもたちの演技を見守る先生は、時折、アドバイスをしながらよりよい劇になるように指導していました。これから子どもたちが互いに見合い、声をかけ合って練習に取り組みます。

imageimage

1月24日(火)は、学芸会直前の予行になります。子どもたちの上達を期待しています。

明けまして、おめでとうございます。

本年も本校の教育活動にご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。image

冬休みが終わり、子どもたちの元気なあいさつの声が校門に響きました。「おはようございます。今年もよろしくお願いします。」と、新年のあいさつも、子どもたちから自然に出ていました。教室では久しぶりに出会う友達と、冬休み中の出来事などをにこやかに話す光景が見られました。

 

 

1 3学期始業式

子どもたちから冬休み中の思い出や3学期の抱負について、発表がありました。

1年生:休み中は、家の掃除をがんばりました。3学期は、くつをそろえることに気をつけたいです。

2年生:休み中は、寒くても外で元気よく遊びました。3学期は、学芸会の劇をがんばりたいです。

3年生:休み中は、宿題をがんばりました。学芸会では、一番後ろの席まで届くような声を出したいです。

4年生:3学期は算数の勉強で、いろいろな計算が素早くできるようにがんばりたいです。

5年生:学芸会に向けて、冬休みに十分できなかった合奏のアコーディオンを一生懸命、練習したいです。

6年生:卒業まで残り49日となりました。1日1日を大切にしていきたいです。学芸会では6年生のみんなの力を合わせてがんばり、学校をまとめていきたいです。また、児童会のあいさつ運動のよびかけも、しっかりしていきたいです。

imageimage

最後に校長先生から、暦についてのお話がありました。今年は「酉年」。酉年だけでも5種類があるそうです。癸酉(みずのととり)、乙酉(きのととり)、丁酉(ひのととり)、己酉(つちのととり)、辛酉 (かのととり)だそうです。また、60歳を迎えた人を祝う「還暦」は、60年経つと生まれた年の干支にもどるからだそうです。寒の入りはいつからかを全校児童に尋ねると、「今年は1月5日の小寒からです。」と、すぐに答えた子どももいました。

新年早々、見事な解答でした。

imageimage

2 避難訓練

本年度4回目の避難訓練は、不審者が侵入したことを想定して実施しました。不審者役の先生が校庭に入ると、たすまたを持った先生が侵入を防ぐと共に、子どもたちは校舎内に避難しました。子どもたちは、急いで集合場所に集まり、学年ごとに静かに並び、先生の話を聞きました。

不審者だけではなく、火事や地震など自分で自分の身を守らなければならない場面はたくさんあります。避難訓練だけではなく、普段から自分の身を守るすべを身に付けたいですね。

imageimage

3 授業スタート

clip_image001[6]6時限目の授業の一部を紹介します。

4年生:百人一首大会

冬休み中に練習してきた「百人一首」の実力を試すために、二人ペアで札を取り合いました。全員が、真剣に読み手の先生の句を聞き、札が取れたときには「やったー!」と歓声が上がりました。

5・6年生:学芸会の劇の練習

1月28日(土)は学芸会です。どの学年も劇の練習に熱が入っています。

6年生は教室で、5年生は体育館で練習をしていました。

子どもたちは台本を真剣に見ながら、振り付けやセリフの言い回しを考え、練習に取り組んでいました。大きな口を開けたり、動作を大きくしたりと、一人一人が自分の役割を精一杯に演じていました。

imageimage