「サイエンス実践塾」出前授業(12/18)

12月18日(火)の午後、愛知県産業労働部産業科学技術課の方々、あいち産業科学技術総合センター(三河繊維技術センター)の方々、島津製作所の方々にご来校いただき、「サイエンス実践塾」の授業を行いました。

(授業の内容)

1 松田先生の授業(SPMスペシャリスト:島津製作所)

テーマ「つるつるとざらざらの不思議」

(1)つるつるとざらざらの調べ方や表し方 「粗さ」「ナノメートル」

(2)走査型プローブ顕微鏡の仕組み 「カンチレバー」

(3)走査型プローブ顕微鏡で髪の毛を観察

clip_image002clip_image004

clip_image006clip_image008clip_image010

2 あいち産業科学技術総合センター(三河繊維技術センター)の研究員さんによる、ナノの世界にかかわる試験や研究開発の様子の紹介

「炭素繊維」「カーボンナノファイバー」など

clip_image012

走査型プローブ顕微鏡で小さな世界を見て、小さな世界にかかわる仕事の様子を知って、科学の目が広がりました。他の人に正確に伝えるのにサイエンス(数値化)が必要なこと、研究開発には、あきらめないことが大事だということも学びました。遠くからご来校いただき、ありがとうございました。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

配布文書