「命を大切さを学ぶ教室」(12/17)

clip_image00212月17日(火)の午後、設楽中学校を会場に「命を大切さを学ぶ教室」が開催され、全校生徒が参加しました。少年犯罪被害者当事者の会の一井さんから、実際にあった犯罪の様子や犯罪への対応の様子、当事者としての思いをうかがい、いろいろと考えさせられました。

お話をとおして、人と接するときは、その人本人はもちろん、その人につながっている人たちが、その人の後ろにいることも想像しなければいけないなと思いました。誰かを悲しませて、大勢に悲しみを広げるのではなく、誰かが喜ぶことをして大勢に喜びを広げていきたいと思いました。

貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

配布文書