2年生 認知症を知る学習 (5/11)

楽町の町民課と保健福祉センターの方々が来校し、2年生を対象に認知症を知る学習(中学生認知症サポーター養成)を行いました。

認知症とは何か説明を聞いたり、どのように接すればよいかグループで考えたり、大須賀課長さんの実体験のお話を聞いたりして、認知症について学びました。

clip_image002clip_image004

clip_image006clip_image008

clip_image010clip_image012

認知症の方にも「思いやり」や「気づかい」は伝わるそうです。優しく親切に接することで穏やかになるのだそうです。これからは高齢化が進むため、認知症の方に接する機会が増えることが予想されます。認知症の方に接するときは今日の学習を思い出して、認知症サポーターとして優しい心で対応するようにしていきたいと思います。

このような学習の機会を与えていただいた設楽町町民課と保健福祉センターの方々に感謝します。ありがとうございました。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

配布文書