餅花をいただきました

 餅花(もちばな)とは、日本の一部の地域で正月、とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るものです。

 豊根はもみじの枝につけるようです。

 今年も村井さんからいただきました。餅だけでなく、飴もぶら下がっていたりしています。

 豊根 もち花 という検索ワードで検索すると、その様子が書かれたサイトが開きました。次のような内容が書かれていました。(引用)

  • 「もち花」の「餅」は、その後「揚げ油」で揚げて「おやつ」となるんです。それがまたおいしいのです。

DSC09746.JPG(正面玄関にさっそくかざりました。)

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28