健康管理について(かな先生から)

明日は久しぶりの登校です。

家を出る前に、必ず検温をしてください。

37.5℃より低いことを確認してから登校をしてください。

(37.5℃以上ある場合は学校に相談してください。)

自分の体を守るために、体の抵抗力を高めていきましょう。

  1. 早寝早起きをする。
  2. 1日3回の食事をしっかりとる。
  3. 食事はバランスよく栄養をとる。
  4. 適度な運動をする。
  5. 明るく元気に過ごす。(笑いも抵抗力アップにつながります)

では、今日の夜はしっかり睡眠をとって、明日は皆さんの元気な顔を見せてください。

先ほど、中学生の保護者にメール配信しました。ほぼ同じ内容を掲載します。

メールをご覧くださった保護者は、4月7日本日中に確認のお電話をお願いします。

連絡先:豊根中学校教頭 0536-85-1344

(メール及び、第1稿の学校の電話番号が間違えていました。保護者ならびに相手先の方にご迷惑をおかけしました。)


新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る臨時休業と入学式の実施について

 見出しのことについて豊根村小中学校は令和2年4月7日(火)から4月19日(日)までを臨時休業とします。豊根小中学校の入学式は、生徒、教職員、入学生保護者のみで簡略化して行います。

***************

新2・3年生の保護者の皆さまへ

 お子様のご進級おめでとうございます。教科書配付等のため、臨時休業中ですが登校日とします。なお、給食なしで午前中のバスで帰宅させます。

日程(時刻は省略)

 着任式・担任発表(集会室で)

 学級活動

 式場準備

 入学式(歓迎のことばあり)

 帰りの会

 給食中止・下校

***************

新1年生の保護者の皆さまへ

 お子様のご入学、ご進級おめでとうございます。さて、臨時休業中ですが、入学式は開始時刻を変更し、簡略化して実施させていただきます。

 中学校スタートの大切な式ですが、ご理解とご協力をお願いします。

受付終了・生徒事前指導

入学式(誓いのことばあり)

学級活動

記念写真撮影後下校

 志高寮でのナイトサークルに代わるものとして、コミュニティスクールの「豊根村地域学校協働本部」が中心となって、学校教育以外の生徒の社会教育を支援してくださいます。

 令和2年度は、部活動ガイドラインにしたがって、木曜日は部活動休養日とし、4時バスで下校します。そこで、希望する中高生は、木曜日を中心として夜に行われる文化・運動サークルに参加することが可能になります。(もちろん、寮に泊まることがなくなりますので、部活動後の諸活動にも参加できます。月・火・水はとよね未来塾「志高寮」が運営されているので、時間までそこで勉強を進めていて、7時や7時半から始まるサークルに参加することも可能です。)

 さっそく、「ダンス教室」春コースの参加者募集があります。

 入学式にちらしが配付されます。以下は抜粋です。

「ダンス教室 春コース 参加者募集」

共催:豊根村教育委員会・豊根村保健センター

「たのしく踊りながら 体力の向上と リズム感・表現力を養います」

講師:Kaneri Annie

日程:4月23日、30日、5月21日、28日、6月18日、25日 (いずれも木曜日)全6回

時間:午後7時から8時

場所:村民体育館

対象:小学生以上(大人の方も大歓迎です)

持ち物:体育館シューズ、飲み物

参加費:未定(全6回で1800~2400円の予定)

申込み方法:豊根村保健センター(申込みは4月15日まで)


木曜日の夜はランナーズクラブも開催される予定です。

※4時バスで帰ってから夕食を食べて兎鹿嶋に集合する形となります。中学生なら5時バスが役場に戻ってくるバスで老平下車ということも可能だと思います。

コミュニティスクールスタート!

 令和2年度より、豊根中学校コミュニティ・スクール(学校運営協議会)がスタートします。

 「豊かに根ざす村とともに本気になって取り組む生徒の育成」を目指す教育ビジョンとして、豊根中学校の教育を、学校の先生だけでなく、地域みんなで責任をもって行うスタイルになります。また、年3回、任命された地域の各団体の方にお集まりいただき、校長先生の示した学校運営方針に対して協議をします。

 同時に「豊根村地域学校協働本部」が豊根中職員室内に設置され、地域コーディネーターとして、私の他、田邊明美さんが従事し、次の3つの支援を主な目的として、主に木曜日の午後活動をします。宜しくお願いします。

豊根村地域学校協働本部長 村井 壽一

<3つの支援>

その1 社会教育支援

 木曜日、生徒は4時バスで下校します。この時間を利用して、希望する中高生に、文化や運動サークル活動をしてくださる地域の方々を支援します。

その2 学校教育支援

 豊根中学校では木曜日の午後に、「総合的な学習の時間」を実施します。そのお手伝いとして、地域の方と学校をつなぎます。

その3 家庭教育支援

 月~水曜日、午後6時から9時まで「とよね地域未来塾『志高寮』」を運営します。勉強するスペースや軽食、英語・数学の塾を提供します。

新年度の準備が着々と進んでいます

IMG_4035.jpg

新年度の教員です。顔をよーく覚えておいてください。親切な方が、先生の実名を出しすぎないようにしたほうがいいのではという連絡をくださいました。転出入の職員紹介については、時期をみて削除をします。よろしくお願いします。

職員室の様子をお伝えします。

IMG_20200402_175715.jpg

勘のいい生徒は職員室の配置で担任等を当てることができるので、ぼかしを入れました。

多くの生徒は、4月の入学式が待ち遠しいと思います。

東京や大阪に比べればまだ安全かと思いますが、引き続き子供たちも頑張って、この難局を乗り越えてほしいです。

家で大人のかわりに、洗濯や炊事、掃除などを取り組んだり、トレーニングに励んだりしてることと思います。

マイナスをプラスに変える、そんなことを期待しています。

桜満開です!

IMG_20200330_093423.jpg IMG_20200330_093450.jpg

IMG_20200330_093258.jpg IMG_20200330_093055.jpg

兎鹿嶋は今、桜が見ごろです。子供たちに見せてあげられないのがちょっと寂しいです。もしかしたら、入学式では桜吹雪が見られるのかもしれません。

下黒川も満開でした。坂宇場、三沢はこれからのようです。

IMG_20200330_092758.jpg IMG_20200330_092903.jpg

職員室も模様替えをしました。机の数は変わらないのですが、少し広くなった気がします。

時々職員室にくる小学校の先生が、あっと驚かれるぐらいですので、かなり雰囲気が変わったようです。

IMG_20200330_093104.jpg IMG_20200331_162531.jpg

4月7日の入学式、楽しみにしてください。

引き続き、図書の貸し出しもしています。本を借りて読みたい生徒は職員室に顔を出してください。

新しく赴任した先生方の紹介

IMG_20200401_105744.jpgとがしま通信用の撮影

令和2年度の定期異動による先生方を紹介します。

教務主任 村松 史子 先生 (設楽教育指導室より)豊根村在住 音楽

教  諭 鈴木 良幸 先生 (設楽町立名倉小学校より)新城市在住 数学 田口高校兼務

教  諭 大久保 明 先生 (新卒)設楽町出身・豊根村在住 社会

講  師 鵜飼 幸一 先生 (新卒)豊根村出身・富山地区在住 体育

以上常勤の先生です。


続いて非常勤の先生です。

非常勤  荒岡 吉朗 先生 (水曜日) 美術

兼 務  高橋美佐子 先生 (金曜日) 家庭 (東栄中より)

再任用  林   博 先生 (火・水曜日) 新規採用教員指導員

兼 務  羽賀田和稔 先生 (水曜日) 通級指導 (東栄小より)

非常勤  宮原 俊也 先生 (隔週水曜日) スクールカウンセラー 新城市在住


引き続きお世話になります。

校 長 大谷 知二

教 頭 杉野 文隆 社会

校 務 加藤 一明 国語

教 諭 佐々木裕直 技術(設楽中・田口高校兼務)

養護教諭 鈴木 香名

教 諭 山口  諒 理科

教 諭 髙森 裕太 数学

教 諭 古月 大輝 英語

ALT アデウミ・イフェオルワ・ボランレ 

支援員 村井 壽一


以上、常勤15名 非常勤5名 合計20名のスタッフで令和2年度の豊根中学校を運営します。よろしくお願いします。

教職員の異動について

 本日の新聞報道でご存知かと思いますが、令和2年度の定期の人事異動により、本校から次の先生方がご退職、あるいは転勤になりました。

 寮の寄宿舎機能がなくなったこと、特別支援学級が1学級となったこと、栄養教諭の配置校が中学校から小学校に変わったことによりたいへん多くの先生が転出されました。

 今まで、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

 新しくみえる先生については4月1日にご案内します。


ご退職

栄養教諭 後藤裕子 先生 再任用任期終了 豊根小非常勤へ(新任指導・補充)

教  諭 村岡志帆 先生 退職      豊根村役場職員へ

転 勤

教務主任 後藤寿徳 先生 H29より3年間   津具中へ

教  諭 伊藤永也 先生 H22より10年間  津具中へ

教  諭 齊藤峻介 先生 H30より2年間   豊橋・岩西小へ

教  諭 佐々木明子先生 H28より4年間   名倉小へ

教  諭 高橋美佐子先生 H27より5年間本務 東栄中へ(4月より豊根中・設楽中兼務)

教  諭 鈴木貴大 先生 H28より4年間   設楽中へ


育児休暇中転勤

教  諭 伊藤綾美 先生 東栄小へ

教  諭 吉本麻帆 先生 田口小へ


非常勤としてお世話になった方々

S.C.近藤憲司 先生 (H26より6年間)ご退職

非常勤 小島和彦 先生(4月から7月まで) ご退職

非常勤 原田義久 先生(9月から3月まで) ※4月より設楽中、とよね未来塾「志高寮」塾講師へ

非常勤 伴憲一郎 先生(1年間) ※4月より清嶺小へ


特別支援教育支援員でお世話になった方々

※ 本年度小学校にお勤めのまま、中学校にも兼務された先生もご案内しています。(多くの先生は小学校で継続勤務される予定です。)

伊藤三千子先生

寺澤 洋子先生

金田 光代先生

西山 泰裕先生

村松久美子先生

小島 和彦先生(再)

豊根中学校寄宿舎志高寮 「閉寮」に寄せて

 早春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、志高寮は、昭和51年の開設以来、皆さまのご尽力により、昭和・平成・令和の時代、44年という歴史を刻み、869名もの卒寮生を送り出してきました。
 開設当時104名いた寮生も令和元年度は31名でした。現状のまま推移すると5年後の令和7年度には9名になります。

 志高寮に入寮させた保護者、また寮生活を経験した卒寮生の多くは「寮でいろいろ経験したことが大人になってから生きた。」という感想を抱いています。中学校と志高寮が一体となって、子どもたちの自立心を育てることが豊根村の特色ある中学校教育でした。
 
 志高寮での共同生活は、豊根村独自の教育として意義がある一方で、生徒数の減少、運営における村の負担額の増加、園児・児童の全員バス通学、教職員の働き方改革、そして小学校統合に伴う9年間の固定化された人間関係の中での寮生活等、多くの課題が時代の変化とともに顕著になってきました。そして、決め手は、本来の家庭教育を大切にしたいという保護者の意識変化にありました。
 こうして、本年度限りで、寄宿舎としての志高寮を閉じるという決断に至りました。なお、今後も志高寮は社会教育施設として存続させる計画です。

 今、地方創生における教育・人材育成の重要性が叫ばれています。地方創生に貢献する人材は、一朝一夕には育成できませんが、そのためには、小中学校などの早い段階から創造性があり、課題を解決できる自主的な人材の教育が必要であり、地方のビジネスをサポートする企業の協力も必要です。  
 本村でも、人口減少が進み、地域の継承が途絶えてしまうことが懸念されていることから、地域を引き継ぎ、地域に根付く人材を育成するため、首長部局・関係機関・地域・教育委員会が連携してコミュニティ・スクール の活性化に取り組むこととしており、志高寮はその一部を引き続き担うことを計画しています。
 具体的には「とよね地域未来塾 『志高寮』」としてスタートします。そして、未来からの留学生である子どもたちが、地域の方々の支援を受けながら地域学習に励み、自ら地域の課題を考え、解決に向けた能動的な学習を通じて、「豊かな心とふるさと愛を育む」施設としての利用を推進してまいりたいと考えています。
 
 先般、「閉寮式」というご案内を差し上げましたが、寮の「終わり」ではありません。寮の「新しい取組み」を始める再出発Restartと捉えておりますので、何卒ご理解いただき、今後とも絶大なご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


   令和2年3月
豊根村教育委員会教育長 山本明弘
豊根中学校長・志高寮長  大谷知二


コミュニティ・スクール:「学校運営協議会」を設置した学校のことを言います。子どもの育ち、学びにおいて、学校と地域がパートナーとして共に責任を持ち、連携・協働して取組みを進めていくシステムで、「地域とともにある学校」への転換を図るための有効な仕組みです。

地域未来塾:経済的な理由や家庭の事情により、家庭での学習が困難であったり、学習習慣が十分に身についていない児童・生徒への学習支援を教員OBや大学生、地域住民の協力により実施する原則無料の学習支援事業です。


ご挨拶

早春のみぎり、関係各位におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
本日、ここに豊根中学校寄宿舎志高寮の閉寮を迎えるにあたり、一言ごあいさつを申し上げます。
 志高寮は、昭和49年に村内の3つの中学校が統合された際、通学困難生徒が多く発生したことを背景に、昭和51年に開設されました。昭和・平成・令和と44年間もの間、寮生の葛藤や喜び、悩みなどを包み込んできた志高寮が、その役目を終えることはとても寂しく感じます。
 開設当時100人を超えた寮生も、過疎化・少子化の影響により年々減少していく反面、個人の社会活動のために寮に泊まらない生徒も増えてきました。
このような時代の流れとともに、860人を超える多くの卒寮生を送り出した志高寮は、その運営形態を変え、新年度より寄宿舎機能を停止することとしました。
 子どもは「地域の宝」です。地域の宝を守り育てていくことが、この地で生活する私たちの使命です。
今後、社会教育施設として生まれかわる志高寮の新たな取組みが、その役割を今まで以上に果たしていくことに期待します。

   令和2年3月
豊根村長 伊藤 実


ごあいさつ

 浅春の候、皆さまにおかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
豊根中学校寄宿舎志高寮の閉寮式を迎えるに至り、一言ごあいさつ申し上げます。
 昭和51年、寄宿舎志高寮が開設されました。当時の関係者の皆様には並々ならぬご苦労があったものと拝察いたします。以来44年が経過し、これまで寮生たちを温かく支え続けていただいた学校、地域の皆様にも謝意を申し上げたいと存じます。
 時代は、狩猟社会、農耕社会、工業社会、そして現代の情報社会を経て、次に訪れる新しい社会へ突入していきます。人間がやっていたことをAIやロボットがやってくれる世界になり、子どもたちの65%は今は存在していない職業に就くとも言われています。
 この予測不可能な時代に今の子どもたちはどのように対処していくのでしょうか。予測できない変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合い関わり合って、より良い社会と幸福な人生の創り手となっていけるよう、我々も応援が必要だと考えます。
 「教育の原点は家庭にある」と言われますが、家庭教育の向上を図り、「地域の子どもは地域で育てる」「地域を担う人材、地域で活躍する人材を地域で育てる」という目標を持って、議会としましても、その一助を担えたらと思います。

   令和2年3月
豊根村議会議長 新木久登 


閉寮に寄せて.pdf

遅くなりましたが、2年生の美術作品を紹介します。どうぞご覧ください。

井指穂奈美.JPG

井指穂奈美さん作品「りす」

「シマリスのような模様と、しっぽやどんぐりをつけて、りすを表しました。もようの間の色も少し変えたりして、少しだけリアルにできたので良かったです。」模様とパーツで、上手にリスを表現することができましたね。

下平麻琴.JPG

下平麻琴くん作品「カピ目イチゴ科」

「著作権に気をつけて、オリジナルのデザインを考えて作ることができました。花をつけていちご感をつけることができました。」大好きなカピバラさんの要素も失くさず、イチゴらしさを出すことができましたね。

亀山百椛.JPG

亀山百椛さん作品「梅の花」

「一枚一枚の花びらを作るのが大変でした。本物に近づけるために細かいところまで丁寧によく見てできました。雪で季節感を出せてよかったです。」花がとてもリアルで、繊細な和菓子らしさが出ていますね。とても美しいです。

金指真花.JPG

金指真花さん作品「秋の鳥」

「水彩っぽい感じでグラデーションにして羽らしさとやわらかい感じができたと思ったので良かったです。表面がつるつるにできたので良かったです。」表面をきれいにするために、何度も指でこすったり、新しい生地で包んだりと工夫して制作することができましたね。

IMG_20200324_152246.jpg

夏目大夢くん作品「もみじまんじゅう」

「もみじの色と形でまんじゅうにしました。さらに鹿のイラストをかきました。」他の人の作品を参考にして上手に仕上げることができましたね。

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

配布文書