3月23日の6時間目は校内大掃除でした。

 一年分の感謝の気持ちを込めて、1年生から5年生までの41人が心を込めて掃除をしました。

 豊根小学校の校舎がとてもきれいになりました。

CIMG9205.JPG   CIMG9202.JPGのサムネイル画像  CIMG9206.JPG

 3月22日にみどりの少年団の活動として、パンジーの苗植えをしました。

 生活班として最後の活動となりましたが、5年生を中心にてきぱきと定植をしました。

 4月にきれいな花を咲かせてくれると思います。

CIMG0715.JPG  CIMG0713.JPG

3月16日、卒業証書授与式が行われました。

P1440461.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像   P1440520.JPGのサムネイル画像

式には、保護者の方、豊根村の多くの方々にご臨席をいただきました。

その中で卒業生と在校生がお互いに思いをこめた別れの言葉を伝え合いました。涙をこらえ、堂々と別れの言葉を伝えた卒業生。在校生もまたその言葉を聞き、涙していました。

P1440510.JPGのサムネイル画像   DSC04318.JPGのサムネイル画像

最上級生として豊根小学校を牽引してきた13人が春のあたたかな陽気に包まれ晴れの門出をむかえました。

DSC04420.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像   DSC04431.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

夏 の 日

PTA副会長 青山 幸一

image普段見ないような緊張の顔々が並ぶ。

見ているこっちにも緊張が伝わる。

指揮する先生も緊張してる!

さあ、がんばれ!!

  八月七日の夏休み。東京、皇居のお堀のすぐ横に立つ東京FMホール。全国九十校の中から選ばれた十校が演奏や歌声を競う「小さな音楽会コンクール」に豊根小学校五年生が選ばれました。

いま、まさにその発表の時。演目は、合唱「ビリーブ」。おそろいの黄緑のTシャツを着た十人が、緊張の面持ちながら、元気よく、清らかな歌を奏でる。北は、群馬県から、南は沖縄県与那国小学校まで、全国から参加した小学生たち。合唱コンクールかと思っていたら、なんと太鼓あり、ダンスあり、合唱あり、いろんな表現で挑戦している。どこの学校もみんな真剣。泣き出しそうな子供もいる。七番目に登場した豊根小学校。一番真剣に歌に取り組んでいたと思う。残念ながら、入賞は逃したものの、終わった後の子供たちのほっとした笑顔を見て、「無事に練習の成果が発揮できたんだな。」と思う。

全国大会、東京、ホテル宿泊・・・子供達は、またとない夏休みを楽しんだ。全国大会で東京のホールで歌うなんてことは、滅多にできることではない。それも五年生が全員参加。小さな学校だからこそできたこと。こんな経験をさせていただいた小学校、先生方に感謝の思いしかありません。子供のころの経験はとても大切だと思います。全国の大勢の前でがんばったということ。それだけで成長したと思えます。

子供から出る言葉は、「新幹線に乗ったよ。皇居のお堀を散歩したよ。ホテルがめっちゃ綺麗だった。お土産買えんかった。」と合唱の話は出てこない。それこそが、一生懸命がんばった「あかし」なんだと感じました。

こんなチャレンジができる豊根村の小学校は、人数こそ少ないかもしれないけれど、人として育つことができる場なんだなあと実感しました。

楽しい夏の思い出ともに、目には見えないけれど、成長を感じた夏の一日でした。


雪あそび

PTA副会長 金指 裕子

一月十四日の朝、子供たちが起きて窓の外を見て、

「わあ~、積もってる。」

と、大喜びで歓声を上げていました。前日には、小学校の茶臼山スキー教室があったので、朝ご飯を食べると早速ウェアを着て外へ出て行きました。

少し時間が経ってから様子を見ようと私も外へ出ました。子供たちは、家の周りや道の雪かきをしているお父さんと隣の子供たちと一緒になって、たくさんの雪を集めてかまくら作りをしたり、雪だるまを作ったりして遊んでいました。私は、寒いので家に入りましたが、子供たちimageは昼時まで外で遊び、ご飯を食べて少し休むとまた外へ出て雪合戦やそり滑りをして一日中雪あそびを楽しんでいました。寒いのによく一日中外で雪あそびをするなあと思いました。子供たちのパワフルさに感心しました。翌日の十五日の朝も外が白くなっていました。子供たちは、また同じようにウェアを着て外に行き雪あそびを楽しんでいました。

大人になっても、雪で遊んでみれば楽しいかもしれませんが、寒いし雪が降ったり積もったりすると凍結の心配や雪かきのことなどを考えてしまい、喜ぶどころかがっかりです。逆に、子供たちは、降っただけでも大喜びして積もった時には本当に楽しそうに遊んでいます。そんな子供たちの姿を見ると、私まで楽しい気持ちになります。

これから、まだまだ雪が積もる日があるかもと思います。寒さに負けず、雪あそびをいっぱい楽しんでもらいたいです。


PTAコーラスを終えて

3年学年理事 依田 留美

今年度も学芸会でPTAコーラスの発表を行いました。夜の練習日が二回でしたが、今年は「練習に来てくださった方に飴ちゃんを配ろう。」と提案があり、沢山の飴を用意しました。練習初日は少人数ではありましたが、各パートに分かれて練習し、帰りには飴を配り皆さんが笑顔で帰宅されました。

私は今年で六回目のコーラス。歌ったことのある歌も少し不安でしたが、皆さんと確認しながら練習することimageができ、本番は素敵な歌声をお届けできたかと思います。

「きれいな声だったよ。」

と、子供に褒められ、少し嬉し恥ずかしい気持ちに。自分が小学生だった頃を思い出すと、大きな口を開けて笑顔で歌っていたのに、今では楽譜とにらめっこ。でも、歌って楽しいなと思います。この先限られた人数でのコーラスになります。ぜひ皆さん、歌を楽しんでみませんか。


お手伝い

2年学年理事 村松 清子

我が家では、お風呂を洗うのが遼の仕事です。彩は、食事の配膳を手伝います。二人とも、言わないとなかなかやってくれないし、時には誰か他の人がやることもありますが、それが自分のお手伝いだということはちゃんと分かっています。

家では、二人ともとてもわがままです。給食なら食べるのだろうなと思うおかずも、好き嫌いを言って残したりしますが、それも、甘えているということ、自分の居場所があると安心しているということなのだと思い、大目に見ているのは親馬鹿かもしれません。

でも、その家庭の中の居場所を再確認する上で、お手伝いはとても大事だと思っています。願わくば、自分から家の仕事をいろいろやってくれるようになりますように。私が掃除していても知らん顔していたりするので、そういうところはまだまだだなあと思うのです。もう少し家族みんなで暮らしているのだということを実感させたいと思う今日この頃です。


卒 業 特 集

継続は力なり

青山 理恵

翔くん、少年野球を六年間継続した成果を特に実感した一年となりましたね。毎年、一番先に病気を拾ってきた翔が、今年は元気に過ごせ、身体が丈夫になったと実感しました。少年野球では今年はレギュラーとして、毎回試合に出場し、プレーを評価されてトロフィーを頂くなど、大きな自信に繋がりました。練習を続ける中で礼儀も自然と学ぶことができて、本当に良かったね。中学では、勉強にも活かせるといいね。


石田清曜くんへ

石田 浩三

卒業おめでとう。あっという間の六年間。本年度は六年生として、児童会長として、先頭に立って頑張っている姿を見て、「やるなあ」と、とても頼もしく感じている。いよいよ中学生。中学生になったら、何でも自分からやってみよう。中学校三年間はすぐ終わる。たくさん勉強して、運動して、仲間とかかわって、たくさん思い出を作ってほしい。家族みんなで応援しているよ。


颯へ

伊藤 由加

卒業おめでとう。小学校六年間は、あっという間だったね。小学校では、得意な図工でいろいろな物を作ることが好きで、夢中になるとずっと作っていましたね。少しずつ将来のことも考えているかなと思います。中学校に入ると勉強や部活も大変になりますが、大きく成長するのが楽しみです。また、寮生活もあり、不安や心配なことも多いと思いますが、友達と助け合い、中学校三年間を楽しいものにしてください。お父さん・お母さんも応援しています。小学校六年間でお世話になったみんなに感謝を忘れないで。卒業おめでとう。


好梨へ

片桐 紀一

卒業おめでとう。五年生の最後にママがいなくなって家では妹の世話をして、学校では最上級生として下級生を引っ張っていくことができたね。特に運動会の応援団長の姿はかっこよくて誇らしかったよ。中学生になると、いろんなことがあると思うけど、頑張り過ぎないようにね。困ったら一人で抱え込まず、相談してゆっくり解決していけばいいからさ。いろんなことに興味をもって自分に合った楽しいことを見つけてくれたらいいと思うよ。パパはいつでも好梨を応援してます。頑張れ好梨。


怜士へ

金田 尚樹

卒業おめでとう入学してから、あっという間の六年間でしたね。入学したころは身長も小さかった怜士、でもこの六年間でずいぶん成長したね。勉強も頑張ったね。いろいろなことがあった六年間だったと思います。中学生になり勉強も部活も小学校より大変になります。でも怜士のペースで頑張ってください。そして、中学生生活をいっぱい楽しんでください。


啓太、幸太 卒業おめでとう

清川 和誠

小学校の六年間が無事に終わりましたね。振り返れば勉強?児童会長、少年野球のキャプテンとよく頑張ったねなーんて事はまだまだ言いません。君たちの人生はまだ、中学・高校・大学?・社会人と先は長く始まったばかりです。これから先、いろいろなことにチャレンジできます。そんな時はとりあえず挑戦してみてください。やるからには、全力で楽しんでやってみてください。真剣に自分で考えてやっているうちに夢中になれるものがあると思います。そうすれば、これから先も楽しく行けると父は思う。そんな君たちにこの言葉を贈ろう。

『GO FOR IT


大きく羽ばたけ

清川 実歩

卒業おめでとう。この六年間で悔しいことも楽しいこともいっぱい経験したね。悔しい経験は、自分を変える大きなチャンスなんだよ。「過去は変えられないけど、過去の思いは変えられる」そのために今を頑張る。過去の悔しい思いを糧に新しい自分になるために、今の時間をどう過ごすかで大きな自分へと成長をしていくんだよね。この気持ちは、頑張るあなたたちを見てきて思ったこと。これからも『前進あるのみ』頑張るあなたたちを誰よりも応援しています。


直城、卒業おめでとう

熊谷 華恵

卒業を迎え、六年前の入学した頃が懐かしく思い出されます。小さい頃から恥ずかしがり屋で自分の意見を口に出すことが苦手でしたね。あまり積極的な性格ではないので、みんなの後から付いていくことが多かったですが、最高の仲間に囲まれ、楽しく学校生活を送ることができました。この六年間で心身ともに成長した姿が見れ、とてもうれしく思います。四月からは中学生。目標ができた今、中学へ行ってもその目標に向かって努力し、自信をもって全力で頑張ってください。家族みんなで応援しています。


やっちへ

鈴木 奈美子

卒業おめでとう小さい頃から甘えん坊で泣き虫だったやっち。でも六年生になると、「学校で頑張っているよ」という先生の話や、苦手なことに取り組む姿など、いろいろな場面で母はやっちの成長を感じ、とてもうれしく思いました。やっちの良いところは、「素直に頑張れること」です。中学生になってもその頑張りを忘れず、やっちのスピードで成長していってください。


駿斗へ

村井 敦子

卒業おめでとう。豊根に戻って二年、みんなに追い付こうとよく頑張りました。もう立派な豊根っ子ですね。合唱、和太鼓、金管、学芸会の劇、どれも初めてのことでしたが、先生方の指導のおかげでやり遂げることができ、それが自信に繋がったと思います。中学校では、勉強、部活、寮生活がまっています。期待と不安でいっぱいでしょうが、駿斗らしくマイペースで頑張ってください。


燦へ

村松 史子

我が家の中では、『永遠の末っ子』。家族みんなに大切にされてきました。小さい、小さいと思っていたのに、いつの間に背丈が同じくらいになり、六年生として下級生の子たちと接している姿を見ると成長を感じます。この仲間だからこそできたこと、学んだことを大切にしてください。卒業おめでとう。いつも家族みんなで応援しています。


卒業おめでとう

村松 睦根

毎晩、美祐の「マシンガントーク」を聞くのが楽しみでした。思い返してみると、小学校での生活がどれほど美祐を成長させてくれたか…。どの日も美祐にとってかけがえのない大切な一日だったと分かります。たくさんの人の支えがあって、心も体も大きく成長しました。感謝の気持ちを忘れず、自分も大切に、いろいろなことに挑戦してほしいと思います。六年間よく頑張ったね。


愛香、卒業おめでとう

依田 留美

もう小学生なんだね…と言っていたのに、もう卒業。あっという間の六年間だったね。いつも冷静で何事にも一生懸命取り組むところ。自分の考えをしっかりもちいろんなことに挑戦している姿を見て、立派に成長したなあと感心することが多かったです。あまり口に出さない愛香だけど、困った時にはいつでも言ってね。応援しています。

 まもなく卒業を迎える6年生のために6年生をおくる会を行いました。5年生が中心となって企画・進行をしました。

 6年生がサイコロトークをした後、1年生から4年生が出しものを披露しました。

 6年生からも在校生に向けて、お礼の言葉や、栞を贈りました。

 6年生と1年生から5年生のお互いの思いが伝わる、温かい会になりました。

CIMG0558.JPG   CIMG0627.JPG   CIMG0666.JPG

学年末保護者会に先立ち、4年生の保護者と児童を対象に「栄養指導」の授業が行われました。講師は、豊根中学校栄養教諭後藤裕子先生です。

CIMG2810 CIMG2811

内容は、成長期における必要な栄養についてお話していただきました。今回のポイントは、食材の中でも魚を大事にして、積極的に食べるといいということでした。

裕子先生は、たくさんの教具を用意してくださいました。既製品もありましたが、学校給食に沿った手作りの教具もあり、4年生児童や保護者の方も、楽しみながらお話を聞くことができました。

CIMG2812 CIMG2817
CIMG2814 CIMG2819
CIMG2816 CIMG2818

子どもが給食の準備に行き保護者だけになってからは、生の鰯・鯵・鯖・秋刀魚を使い調理教室まで発展しました。鰯を手だけで三枚におろす方法の実演や割り箸でえらとはらわたを取る方法を教えてくれたり、充実した内容となりました。

  1年生が国語の授業で、タブレットを使いました。スイーミーの音読を録画し、後でみんなでその動画を見て音読について意見交換をしよう、という内容でした。

CIMG2774 CIMG2781

毎週木曜日は、ICT支援員の小林さんが1日お手伝いをしてくれます。電子黒板やタブレットのセッティング、子どもたちにタブレットの使い方を教えていただきました。

CIMG2772 CIMG2776

 

使い方を教わり、読み手・撮影者・操作を見る子の役割分担ができたら、早速実行です。1回の説明で、子どもたち使えるのかな?という大人の心配をよそに、子どもたちはどんどん音読をし録画をしていきました。次の授業へのつながりを持たせられる1時間でした。

CIMG2785 CIMG2789
CIMG2784 DSCN5518

担任の先生の計画とICT支援員の方のサポートがマッチした授業でもありました。

ICT機器の利用を心がけていますが、奥も深く広がりがある教材やソフトの習熟にはまだまだ時間がかかりますが、先生方は積極的に使って行こうとしています。

  平成28年度後期児童会の締めくくりの会である、全体会が給食後に開かれました。出席者は、3年生~6年生全員(委員会を構成する子どもたち)です。

それぞれの委員長が、後期の活動の振り返りを発表しました。

(下は、執行委員会の振り返りプリントです。栽培美化委員会、体育委員会、図書委員会、保健給食委員会も同様の資料が配られました)

20170301140041

20170301140041

それぞれの発表の後、質疑が行なわれました。発表内容に対する質問や委員会活動のおかげで楽しかったこと、児童会委員として見習いたいことなど、どの学年からも意見が出されました。児童会の活動の充実と子どもたちの意識の高まりを感じられる時間でした。

CIMG2754CIMG2757

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2761CIMG2765

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2767CIMG2766

 

 

 

 

 

 

 

最後に、児童会担当の綾美先生から次のようなお話がありました。

○振り返りを発表する委員長さんの話し方がとても良かった。聞く人の姿勢が整うまで待って発表できた。伝えようとする気持ちをきちんと持つことができていた。

○質問や意見をいう人も、疑問もきちんと言えたし各委員会の活動のいいところや見習いたいことなどを発表することができた。聞く姿勢ができていました。

○振り返りをもとに、残り少ない活動の期間を充実させてほしい。


平成28年度の児童会の目標です。

CIMG2770 CIMG2771 CIMG2771

 

豊根小だより   3月

学校評価へのご協力ありがとうございました

校 長 渡 邉 俊 也

新たな発想は多くの情報から生み出される

何かを得るためには、何かを捨てなければいけない【本田宗一郎】

豊根小学校では次のように掲げています。

教育理念 「ひとね ひとなる教育の実践」

教育目標 「心身ともに健康で、明るくたくましいとよねの子の育成」

経営方針 「一人一人が生き生きと光り輝くとよねの子」

この理念のために、私たち教員は研修を積むと共に、保護者地域の皆さんのお考えを得る努力をしています。たくさんの情報を得ると共に、現代社会の要求を考慮し、これまでの活動を見直したり精選したりすることもしています。そのことによって、子ども一人一人を大切にした“とよねっ子”を育てることができると考えます。

今年度も、子どもたちや保護者の方から私たちの教育活動についてのアンケートに、お答えいただき、それを学校評価として受けとめました。ありがとうございました。また、職員も本年度を振り返っての自己評価を行いました。立場の違いや、様々な状況の違いからの評価をいただくことが重要だと考えています。また、アンケートから導き出されたものそれぞれを比較しながら、評価の違いが出てきた理由は何か、私たちの指導の改善点は何かを考え、次年度に生かしていきたいと考えます。

今後も、ご家庭のご理解とご協力をいただきながら、明るく活力ある楽しい学校づくりを目指していきます。よろしくお願いいたします。

clip_image002


本年度の職員個人目標の反省

本年度の職員一人一人が取り組んできた個人目標を振り返りました。

… この一年間、温かいご支援・ご協力をありがとうございました!

担任等

氏 名

個 人 目 標 の 反 省

西山 泰裕

「子どもたちが安心して充実した学校生活が送れるように!」

理想の学校に近づけていくためには、どうすればよいのでしょうか。教師だけでなく、保護者と理想を共有し、一緒になって温かい学校を創っていくことが大切だと考えます。この1年間のご協力に感謝いたします。今後も『学校力』を高めていきたいと思います。

教務主任三年担任

市川 晋司

いつも明るく笑顔いっぱいの3年生。教室の雰囲気は学級訓「ほかほかごはん」のような温かいクラスでした。心も体も学習面でも大きく成長してきました。また、豊根小学校では現在、来年度からの研究に向けて準備を進めています。子どもたちが主体的に学ぶ算数科指導の在り方を職員一丸となって研究していきます。

校務主任五年担任

伊藤 真

担任としては、子どもたちが学級目標「かがやけ10人の光」を意識して「何にでもチャレンジする」「思いやりがかがやく」「6年生を支えフォロワーになる」ということが、少しずつできるようになった1年間になりました。子どもたちの自治力向上を支えることができたと思います。校務主任としても、校舎内外の安全点検や補修などをし、充実した1年間になりました。

山本 宗彦

子どもたちに楽しく分かりやすい教育活動を目指しました。① パソコンを使った新しい書写のあり方が実践できました。② オンとオフ、心にスイッチのある子どもを育ててきました。③ 豊根村が大好きな子どもを創ろうと頑張りました。       以上のことを実践しながら、じっくり待って、誉めて育てる教師として頑張ることができたと思っています。

養護教諭

村松 典子

心も体も元気で、安心して学校生活が送れるように、一人ひとりに声をかけてきました。少しでも、子どもが元気に過ごせていたならばうれしいです。また、生活リズムづくりは、「とよねこチャレンジ」の健康づくりのめあてが達成できるように、子どもたちががんばってくれました。おうちの方も子どもと一緒に取り組んだり、見守ったりしていただき感謝しています。

たんぽぽ担任

高木 積

本校に赴任して1年が過ぎました。あっという間の1年間でした。豊根小は学校行事が充実していて、それぞれの行事をこなすことが精一杯でしたが、これで1年間の行事は頭の中に入りました。来年度は、それぞれの行事のよいところをふくらまし、さらに子どもたちにとってやりがいのある活動にしていきたいと思います。

一年担任

村松 裕子

「げん気にやさしく」を目標に小学校での経験を積んできた1年生。この1年で心も体もぐんとたくましくなりました。特に学芸会と生活科「なかよし祭り」では、みんなで協力し合い、1年生パワーを発揮してくれました。4月からは「げん気でやさしい」2年生として、新1年生のお手本になってくれると思います。

四年担任

山本亜矢子

学級目標「アップ」に合わせ、4年生は、常に「アップ」しようと考えていました。でも、考えているだけでは行動に移せないと途中から気づき、「有言実行」を合言葉に日々「アップ」していくようになりました。図書担当として、委員会の子と共に本に触れる環境づくりにも努め、本を読む機会を増やすこともできました。

六年担任

伊藤 綾美

「積極的芯花」を学級訓に豊根小の「芯」となった6年生をいよいよ送り出すときがきました。5月号には、「啐啄同時」を心がけたいと書きましたが、大きく成長した6年生は、すでにわたしの「啄」を必要としていないのか、わたしの考えの先を行っているときさえあります。子どもに教えられることの多い1年でした。

ひまわ り 担任

平松 一毅

「元気なひまわり!」を目標に明るく楽しくがんばりました。生活単元では、パーティーの計画・準備などを行い、お客さんを楽しませることができました。子どもが伸び伸びと過ごせるような1年を心がけ、良いところをたくさん見つけることができました。私自身子どもと向き合い、多くの事を学ばせていただきました。

二年担任

安藤 誌洋

2年生の学級目標は、「キラキラまぶしい2年生」元気・なかよし・やさしい・あきらめないでした。担任として初めて過ごした1年でしたが、2年生5人と過ごした時間は、一生忘れることのできない時間となりました。何事にも一生懸命取り組む2年生と、共に過ごすことができ、子どもの成長に驚かされることばかりの1年となりました。

主 事

向出 翔一

今年度予算化していただいた、はんとう棒の設置や児童男子トイレの小便器の設置など、予定していた工事を無事に終えることができました。遊具で楽しく遊んでいる子どもたちを見ると、私もうれしく感じます。今後も、子どもたちのためになる予算の活用を心がけていきたいと思います。

内藤 友理

豊根小学校に赴任し、1年経ちました。子どもたちと関わり、子どもたちの素直さ、元気さ、やさしさ…多くの良いところを感じることができました。専科として1年生から6年生までの全学年で授業ができたことも、幸せな経験でした。子どもたちに教えてもらうことが多い1年でしたが、充実した日々でした。


「入学説明会・体験入学」を行いました!

image image image

2月6日(月)、入学説明会を行いました。スクールガイドをもとに学校概要の説明をさせていただきました。その後、体験入学を行いました。1年生といっしょに「きらきらぼし」を鍵盤ハーモニカで合奏したり、「かざぐるま」を紙コップで作ったりしました。優しく見守ったり、いっしょに遊んだりする1年生の姿も、お兄さん・お姉さんのようで頼もしかったです。実花さんと咲也くんの入学を心待ちにしています。


ありがとうございます!image~心温まるプレゼント~

2月8日の旧正月に飾る「もち花」を、坂宇場の村井忠市さん(6年駿斗くんのおじいさん)が寄贈してくださり、玄関の机の上に展示しました。

だんだん見られなくなった伝統行事ですが、残していきたい文化ですね。

 


村長さんから、豊根村について学びました!

image

2月7日(火)に、伊藤実豊根村長さんをお迎えして「茶臼山スキー場開発までの道のりと、今後の豊根村について」のお話をしていただきました。子どもたちにとっては、「今」や「今後」の豊根村についてのお話が印象的だったようです。「みんなでつくる、みんなが楽しくなる、みんなが自信をもって暮らせる、そんな豊根村にしていきたい!」村長さんの熱い思いが伝わってきました。


~3月・4月の主な行事予定~

3月 6日(月)学校評議員会②19:30~

9日(木)学年末保護者会・4年親子給食

入寮体験(6年)

10日(金)6年生を送る会

14日(火)H29年度前期児童会役員選挙

通学団会④

16日(木)卒業証書授与式

24日(金)修了式

clip_image012

4月 6日(木)新任式・入学式準備

7日(金)入学式・始業式10:45下校

10日(月)PTA新旧役員・理事会

13日(木)短縮授業10:45下校

14日(金)離任式、PTA総会・歓送迎会

17日(月)・19日(水)~21日(金)

家庭訪問

18日(火)全国学力学習状況調査(6年)

20日(木)1年生を迎える会

みどりの少年団入団式

24日(月)保小中合同避難訓練①

26日(水)内科検診

立春を過ぎ2月も半ばとなると、日差しが“春”を感じさせてくれます。校舎にも、朝の早いうち(8時ごろ)から日が当たるようになってきました。

CIMG2747

ただ、運動場の半分と山側の道路は日が当たらないので、写真のようにまだ雪が残っています。

CIMG2748 CIMG2750

この時期の雪で思い出されるのが、平成26年2月の大雪です。その時の記録を紹介します。

14日(金)

小中合同体育(全校ダンス)

小6中1合同授業(学活)早朝より大雪 積雪量が30cmを超える16:40全職員下

15日(土)

大雪による倒木のため、村内いたるところで通行不能 坂宇場地区を除く全地区停電村内電柱100本以上倒れる

16日(日)

校長、教頭、村教委へ午後集合、翌日の対応策検討。村内坂宇場地区を除き停電中→給食調理不可、倒木による通行規制→バス運休⇒17日(月)臨時休業日決定、メール配信及び全保護者に電話確認

17日(月)

大雪による停電、バス運休のため、臨時休業日 午後、校長、教頭村教委にて翌日の対応検討。電、バス運休の復旧の見込みがないため、翌18日(火)も臨時休業日と決定⇒メール配信

18日(火)大雪による停電、バス運休のため、臨時休業日 午後、校長、教頭村教委にて翌日の対応検討。早朝に停電回復→給食可能に、通学にためのバス一部運行開始、翌19日(水)から授業再開と決定⇒メール配信

 

19日(水)

学力テスト、知能テスト開始 大雪による児童宅への大きな被害はなかった模様


大雪の後、2月20日に雪遊びをしている写真です。

DSC02185
運動場から校舎への階段がほとんど埋まっています。
DSC02227後方に見える黒いものは、タイヤを埋めて“馬とび”のようにして遊ぶためのものです。高ささは50センチ以上あるものです。

大雪の後、27・28年と穏やかな冬?が続いています。今年もこのまま春を迎えられるといいのですが・・・・。