2016年2月アーカイブ

元気タイムで、元気にJUMP!

毎週火、木曜日の朝の活動は「元気タイム」となっており、全校のみんなで体を動かしています。

3学期からは生活班ごとにチームを組み、長なわとびに挑戦しています。

今週は2人で跳ぶことに挑戦しています。1年生もスムーズに入れるようになり、テンポのよいジャンプが見られます。

朝の寒さにも負けず、みんな元気です!

CIMG4889CIMG5060

卒業式に向けて…  ~歌声タイム~

毎週水曜日の朝の活動は「歌声タイム」です。

2学期までは全校合唱の練習をしてきました。その成果は学芸会などで発表してきました。

3学期からは、卒業式に向けた練習となるため、6年生と在校生とに分かれて練習をしています。

卒業式ではお互いに素晴らしい歌声を送ることができるよう、がんばっています。

CIMG4954 CIMG4950

青少年読書感想文コンクール(全国学校図書館協議会、毎日新聞社 主催 内閣府、文部科学省 後援、サントリーホールディングス 協賛)において、豊根小学校4年生の村松遼君の読書感想文が、小学校中学年の部において『総理大臣賞(最優秀賞)』に選ばれました。

遼くんが読んだ本は、「お話きかせてクリフトフ」(ニキ・コーンウェル作、中山成子・絵、渋谷弘子・訳)という本で、内戦から逃れたルワンダ難民の子、クリストフのお話です。担任の先生に読んでもらったのをきっかけにして、しっかり本を読み感想文を書きました。


「人間の価値にちがいはないってことがわかっていないからさ!」クリストフのお父さんの言葉を読んでなっとくした。だから、いじめをする人がいる。だから、戦争を起こす国がある。自分たちの方が上だとたしかめたいからだ。

そして、お父さんは、こう続けた。「とるべき道はふたつしかない。戦うか、逃げるかだ。」ぼくならどうするだろう。逃げればきずつくことにはならない。けれども、戦わなければ、また、同じ目にあうかもしれない。どちらにしても、よい方向に進めるとは思えない。それでも、やっぱり戦うか逃げるしかないのだろうな。ぼくも、そう思った。

ところが、この本を最後まで読んで、三つ目のとるべき道に気づいた。クリストフがぼくに教えてくれた三つ目の道。それは、話すことだ。だれかに伝えることだ。

「お話を本にとじこめたらいかん!」祖父バビの言葉は、クリストフの大切にしてきた言葉だ。お話は、話すもの。聴くもの。書いたり読んだりするものではないと。ぼくは、バビの考えがよくわかる。ぼくもお話を聴くのが大好きだから。母にれきしの話をしてもらうのが最近のお気に入りだ。いつも、それで、どうして、そのあとどうなるのと、わくわくしながら聴いている。けれども、そのお話が文字に変身して本になってしまったら、ぼくはわくわくできないかもしれない。文字をすらすら読むことが得意ではないから。フィンチ先生に、なれない英語の本を読むように言われて、クリストフも心がしずんでいた。バビやクリストフのいうとおりだ。お話は耳で聴いて、大空に絵をかくから味わうことができるものだ。

そう思っていたクリストフとぼくの気持ちをフィンチ先生が変えてくれた。お話は、本にすることで、遠くの人にも、たくさんの人にも読んでもらうことができる。だからこそ、ぼくも、クリストフのことを知ることができた。本の中でクリストフがお話をしている場面では、ぼくもそこにいるような気分でそのお話を聴いていた。ぼくよりも小さな子が、戦争でとても悲しい思いをしていることがよくわかった。生まれ育った国を捨てて、大好きな祖父を残して安全な国にうつり住むなんて、ぼくには考えられない。そして、ぼくは、フィンチ先生のように、このお話をもっとたくさんの人に知ってほしいと思った。

そうか、本にまとめることは、決してお話を本にとじこめているわけではないのか。それどころか、本にすることでお話は世界中に広がっていくのか。悲しい気持ちやつらい気持ちの人がいるということ、戦争に苦しんでいる国があるということ、そのことにたくさんの人が気づくきっかけになることが、お話の力なんだ。ぼくは、本を読むのが得意ではないけれど、これからは、もっともっと本を読んで、たくさんのことを知りたいと思う。それがきっと、三つ目の道になるはずだから。


2月5日に東京において表彰式が行われました。

P1020594


遼くんの表彰にあわせて、本校の読書指導に対しても表彰していただきました。

○学 校 賞 全国学校図書館協議会・毎日新聞社より

○サントリー学校賞 サントリーホールディングスより

豊根小だより   2月

できるようになったことは継続し、さらに新しいことに挑戦

~第3学期始業式~

clip_image0021月7日(木)に第3学期の始業式を行いました。校長先生は「一年の計は元旦にあり」「先を見通した目標をもって頑張る」ことの大切さについてお話をしてくださいました。3学期のカレンダーを掲示し、具体的な行事等の例を挙げながらお話をしていただき、「先を見通すことによって、今、何をすべきなのかが見えてくる」ことを学ぶことができましclip_image004た。

校長先生のお話の後、児童代表として児童会長の6年鈴木未優さんが、全校児童に向けて「3学期はまとめの時期であること」「3学期は特にあいさつをがんばること」「6年生は卒業に向けて、1~5年生は進級に向けて準備していくこと」と呼びかけました。全校児童からは、「はい!」という元気な返事が返ってきました。


先輩から教えていただく「税金の大切さ」 ~租税教室~clip_image006

1月12日(火)、役場住民課税務係の胡桃芳太郎さんを講師にお迎えし、6年生を対象とする租税教室を行いました。講師の胡桃さんは、役場に勤務されている豊根小学校の卒業生で、6年生の子どもたちとって年の近い身近な先輩の一人です。ビデオや資料を使って、「税金がなぜ必要か」「税金がなかったら…」を小学生にも分かるように説明していただきました。授業を終えた6年生は、「税は、自分たちの生活を支える大切な仕組み」として学ぶことができたようです。学んだことを生かして、『税に関する絵葉書づくり』に挑戦しました。

clip_image008

clip_image012

clip_image010

 

 

 

 

 

 


着実な技能の向上!         ~スキー教室~

1月15日(金)、2clip_image002[4]2日(金)の2回にわたり、スキー教室を実施しました。

子どもたちは、めざす技能ごとに7つの班に分かれ、インストラクターさんや先生方から教えていただき、意欲的に練習しました。

多くの子どもたちが、着実にレベルアップすることができました。特に初心者の子どもたちは、見違えるほど滑れるようになり、サポートしていた先生方を驚かせました。技能の高まりを実感した子どもたちは、自信をもち、スキーの楽しさを味わいながら滑ることができました。子どもたちにとって、豊根小でのスキー体験が、新たな楽しみのスタートになることを期待しています。

clip_image006[4]clip_image004[4]








clip_image010[4]clip_image008[4]

給食集会「食べるときのマナーってなあに?」

~保健給食委員会~

clip_image002[6]clip_image004[6]1月13日(水)、中学校の後藤裕子先生、給食調理員の伊藤さんと奥田さんをお迎えして給食集会を開きました。保健給食委員会の子どもたちによる寸劇クイズでは、栄養を考えた食べ方に気づくことができたようです。裕子先生からは「はしの持ち方講座」として、正しいはしの持ち方を教えていただきました。また、食べるときのマナーとして、「はしを上手に使える人になってほしい。」というお話をしていただきました。その後は、なかよし班で豆つかみ対決です。はしで一粒ずつ大豆をつまんで移し替える姿は真剣そのものでした。最後は「ありがとうプロジェクト」。保健給食委員長の羽菜さんから「いつも私たちのために、おいしい給食を考えて作っていただき、ありがとうございます。」というお礼の言葉とともに、委員会の子たちから心のこもった『感謝のメダル』が裕子先生や伊藤さん、奥田さんに手渡されました。


4年「ふるさと学習」 ~村長さんを講師にお迎えして~

image1月20日(水)、社会科の学習で村長さんをお招きし茶臼山高原の開発についてのお話を聞かせていただきました。茶臼山にスキー場ができた経緯や当時の苦労、さらに、近年の芝桜まつりや紅葉のライトアップなどの新しい取り組みについてうかがいました。子どもたちは、茶臼山にスキー場をつくったのは、スキー客を呼び込むことだけでなく、働く場所を作り出すという目的もあったということや、建設当時の目標を上回る来場者数だったことなどに驚いていました。「みんなでつくるimage豊根村、みんなが楽しくなる豊根村、みんなが自信をもってくらせる豊根村」という村長さんの願いを受け止めることができた2時間でした。お話を聞かせていただいた感想を一人ずつ発表すると、中には「パルとよねのそばに温泉旅館をつくれば、温泉に来た人が泊まってくれて、次の日も豊根村をまわってくれる」「冬に強い風がふくから、風力発電をしたらどうか」という提言をする子もいました。村長さんも熱心にメモしながら、「みんなのすばらしいアイディアに驚いたので、しっかり検討します」とおっしゃいました。


すばらしい集中力 ~書き初め会~

1月8日(木)の3・4時間目に書き初め会を行いました。静かに落ち着いた雰囲気の中、紙の上で鉛筆や筆が走る音のみが教室から聞こえてきました。高学年の子どもたちはもちろん、低学年の子どもたちも時間いっぱいまで集中して取り組むことができ、自分の力を出し切ろうとする意気込みを感じました。

clip_image002[10]clip_image004[8]

 

本年度各学年の入賞者は下表のとおりです。おめでとうございます。


~2月・3月の主な予定~

2月 3日(水)豊根中入学・入寮説明会

節分会(児童会)

4日(木)PTA役員選考集会19:00

5日(金)漢字検定

10日(水)入学説明会・体験入学

15日(月)~19日(金)

学力・知能テスト実施

18日(木)短縮授業(給食なし10:45下校)

※郡教育研究発表大会に全教員が参加

26日(金)みどりの少年団退団式

29日(月)PTA役員・理事会④19:00

3月 2日(水)※豊根中卒業式

3日(木)学年末保護者会・授業参観

親子給食・栄養指導(4年)

6年生体験入寮

10日(木)6年生を送る会

11日(金)学校評議員会②19:30

15日(火)卒業式予行

18日(金)豊根小卒業式clip_image008

24日(木)修了式

25日(金)※保育園卒園式