2015年9月アーカイブ

 

豊小PTA新聞

第 21 号 2015.10.1 豊根小学校PTA

読める。でも、書けない。

PTA会長 鈴 木 康 介

「あれ?どういう漢字だっけ?」

時々、簡単な漢字でさえ思い出せずに書けないことがあります。ちょっとメモを取ろうとしても、すぐに手が動かず、気が付くと携帯で調べている自分がいます…。最近、パソコンや携帯電話を頻繁に使うせいかなあ。

先日、子どもたちから、image

「これって、漢字でどう書くんだっけ?」

と聞かれ、すぐに思い出せなかったので、

「辞書で調べりん!」

なんて、偉そうに言ってしまいました。

私が子どもの頃は、現在のように文字をひらがなで入力すれば、漢字が出てくるような便利な機械などありませんから、分からない漢字は、辞書を引くか、誰かに聞くかしかなかったし、毎日出される宿題で、何度も何度も同じ漢字を書いて少しずつ覚えていきました。

勿論、パソコンや携帯のせいにするつもりはありませんが、折角、覚えた漢字がいざという時に、思い出せなかったり、読むことはできても、書けなかったりすることが、多くなってきたような気がします。やはり、漢字は、自分で書くからこそ覚えられるし、ずっと覚えていられるものなんだなあと実感しています。

先日、妻が子どもたちの漢字練習帳を見て、

「もっと、丁寧に書きんよ。」

と、一言。そういえば、私自身も、手で書くことが減ったせいか、たまに書く字が汚くなってるなあと感じていただけにドッキリ。もっとも元々きれいな字を書けるわけでもないんですが…。

私もたまには、子どもたちと一緒に、『漢字ドリル』や『字をゆっくりと丁寧に書く練習』をしなければいけないかなあ…って、本気で考えるこの頃です。


一枚の写真の連なりの中で

校 長 渡 邉 俊 也image

歓声をあげ水に飛び込む子、浮き輪をつかんでにこにこしながら流れていく子、その子たちを見て笑顔になる保護者、一緒に遊ぶために水の中に入っていく保護者・・・、8月1日に行われたPTA行事「自然と親しむ会」の様子です。

そんな様子を眺めながら、自分の小学生の頃を思い出しました。水泳といえば川で泳ぐしかなかった頃、低学年の時には父親に連れて行ってもらいました。タオルを頭に巻きランニングシャツを着てズボンを捲り上げ千日草履をはいた父親と一緒に、小学校指定の八幡様前の水泳場に行きました。小さな水溜りのような淵で、浮き袋を頼りに同じくらいの子どもたちと楽しく泳ぎました。遊びで泳いでいるのですが、心の中には『早く上手に泳げるようになって不動滝で泳ぎたい』という思いがありました。高学年になれば自由に泳ぎに行くことができるとともに憧れの不動滝で泳ぐことができるのです。

高学年になると、友達と連れ立って不動滝に泳ぎに行きました。一応先生から言われていたのは、『午後1時から泳ぐ』ということでしたが、お昼ご飯もそこそこに家を飛び出すことがしょっちゅうでした。しかし、自分たちよりも早く泳ぎに来ている子どもたちがいて、滝に近づいていくと遊んでいる声が聞こえてきます。どんどん急ぎ足になり、「おまえんとう、こすいじゃんか。」と言いながら水に飛び込みました。滝といっても、高さが2メートルも無いのですが、そこからどうかっこよく飛び込むかが苦心のしどころで、とにかく楽しくて仕方なかったことを覚えています。唇が紫色になると水から上がって、日に当たって熱くなった石に抱きつきました。石に耳を押し付け、耳の中の水を出し体を温めます。その後、石鹸草(草の名前が分からないので、私達はそう呼んでいました)を取ってきて、石のうえで砕きその汁を水中眼鏡のガラスに塗り付け曇り止めにしました。たくさんの子どもが集まる不動滝でしたが、自然とルールができていたり、大きい子が小さい子の面倒をみたりしていて、(監視役の大人の人がいたような気がしますが)自分たちで遊ぶことができていました。こんなことを思い出すのも年のせいかな?と思いながら、でも、思い出せるのはその時のことが動画ではなく、思い出の中にある写真の一コマ一コマの連続があるからなんだ、と思います。

PTAの活動で『親子で、川で遊ぶ』という経験をした子どもたちが、どんな思い出の一コマを残したんでしょうか、豊根小学校の生活でどんな一コマを残すんでしょうか。子どもの成長の糧となる一枚を、子ども自身が作れるように手助けができればいいな、と思いながら過ごした午後でした。


「リサイクル活動」に参加して

1年理事 山 本 理 恵

記録的な猛暑が続く中、今年初めてリサイクル活動に参加させてもらいました。昨年までは、山のように積まれたリサイクル品をながめて、小学生の子たちが運ぶのは、きっと大変だろうと思ってimageいました。いざ始まると、お互いに声を掛け合いながら、リレーのように次々と段ボールや雑誌、新聞を業者さんの車に積み上げていきました。そんな中、重そうな物を持っている子がいると、近くにいる子が一緒になって運ぶ姿をたくさん見られて、とても素晴らしいと思いました。

リサイクル活動を通して、お互いを思いやり、協力することの大切さや、物を大切にすることを学べたと思います。地域の皆様、ご協力をありがとうございました。


「自然と親しむ会」に参加して

5年理事 青 山 理 恵

「今年も、お昼は何にするか。簡単にできる物がいいよね。」と、担当者で話し合った結果、親子夏野菜サラダ素麺作りに決まりました。

8月1日、晴天の中、リサイクル活動で汗だくになった子どもたち、保護者、先生が小学校に集まってきました。開会式imageの後、活動開始。四班に分かれて、野菜を子どもたちに切ってもらいました。危ない手つきながらも、みんな真剣な眼差しで作業する姿がとても印象的でした。切った野菜は、班ごとに楕円形、千切り、さいの目切りなど、いろいろな形がありました。茹でた素麺の上に、自分たちで好きなように盛り付けて完成です。

おいしいお昼を食べた後は、子どもたちが楽しみにしていた川遊びに行きました、約1時間程でしたが、黒川橋下の川で、浮き輪を使って楽しんだり、親子で泳ぎの練習をしたりして、少し冷たい川の水の感触を楽しむことが出来ました。

ご協力いただいた先生方や保護者の方々、本当にありがとうございました。


「親子環境美化作業」に参加して

PTA書記 依 田 留 美

8月22日に、毎年行われている親子環境美化作業がありました。小・中の連携活動のため、多くの保護者に参加していただきました。はじめは曇り空の下で作業をしていましたが、太陽が顔を出し、蒸し暑い中での作業となりました。

今年は、「運動場南側側溝の掃除」が新たに加わり、3・4年生と保護者の方の作業でした。私は、5・6年生と校舎周辺の側溝の掃除でしたが、スムーズに終了したので、南側側溝の手伝いに行きimageました。沢山の固まった土、それを鍬やスコップで少しずつ掻き出し、一輪車で運び出す作業でした。ミミズが顔を出し、びっくりすることもありましたが、時間内に終わることができました。

他の作業場所も、皆さんの協力でとてもきれいになりました。子どもたちの真剣に取り組む姿が素晴らしかったです。


コール

PTA会計 伊 藤 寿 己

今年も、暑い熱い夏がやってきました。豊根少年野球クラブでの、一瞬を紹介したいと思います。子どもたちが、練習・試合を毎週積み重ねていき、とても強いチームになってきたことを、みなさんが感じていると思います。個々のレベルが違い、差もあり、自分の子どももまだまだです。

今年の夏の郡大会。親が審判を行いました。これがまた、少しやりにくいのです。自分は二塁の審判です。審判とは公平な立場でなくてはなりません。とはいえ、豊根チームの攻撃では、『打て!走れ!』と心の中で叫んでしまいます。そこへ次のバッターは、自分の子ども。なかなか思いきりよく打てません。『打て!』と思いながら、審判をしている二塁方向へいい当たりではありませんが、センター前へヒット。やれやれと思っているうちに、image二塁まで進んできました。当然、少年野球にも、けん制球はあります。ベンチから、「リードしろ!」「けん制に気をつけろ!」の声。初球、二塁へのけん制がきました。『戻れ!』の心の叫び。送球がそれて何とか「セーフ」のコール。しかし、次の二球目。リードが大きすぎると思った時に、再びけん制球が…。「アウト!」

涙ぐむ息子を見ながら、失敗して覚える、みんなが励ましてくれる、野球を通じて得ることは大きいと実感しました。こんな経験をできたことは、子どもも忘れないでしょう。もっと練習して、今度は盗塁でも決めて、「セーフ!」と大きな声で言わせてほしいと思います。


兄 弟

PTA会計監査 金 田 尚 樹

今年から長男が中学生になり、一人少なくなりました。今まで毎日のように兄ちゃんと喧嘩ばかりで五月蝿いだけでしたが、次男も喧嘩する相手がいなくなり、静かになりました。最初の頃はゲームやテレビ、好きな食べ物など、今まで二人で一つだった物が自分一人で自由にできるので嬉しそうにしていました。でも、喧嘩相手がいないのは寂しいようで、今までそんなことはなかったのですが、朝登校するためにバス停まで歩いて行く時も、image

「一人で歩いて行きたくない。」

と言って困らせたり、金曜日になると、

「兄ちゃん、いつ帰ってくるの?」

と言ってきます。

喧嘩ばかりしているけれど、二人だけの兄弟がいなくなって初めて気が付くこともあるでしょう。これからも、喧嘩もするけれど相手のことを思いやれる兄弟になってほしいと思います。


夏 休 み

4年理事 下 平 貴 代

子どもたちが待ちに待った夏休み。でも、去年までとは違い、なんとなく寂しそうな弟。兄は部活と宿題が忙しく、ほとんどかまってもらえないのです。

でも、夕方からは兄と楽しい時間。二人で水鉄砲の撃ち合い。全身ずぶ濡れになり、とても涼しそうです。そこへ父親も一緒になり、水風船爆弾の投げ合いが始まります。

今まで毎年見ていた光景だけど、これからあと何回見られるのかな。遊びの内容もだんだん変わり、水遊びなんてしなくなるんだろうなと思うと、寂しい気もします。まだまだ子どもだけど、心も体も年々成長しているんだなと、うれしい気持ちもあるのですが…ちょっぴり複雑です。

これからも子どもの成長を楽しんでいきたいです。


夏 休 み

6年理事 清 川 実 歩

長い夏休みも終わってみれば短い夏休み。今年は娘にとって小学校最後の夏休みとなりました。夏休み前の学級懇談会で担任の先生から「中学生になったら忙しくなります。小学校最後の夏休みを満喫してください。」とお話がありました。

夏休み。休みとはいえども週末には学校行事や少年野球の試合が入っていました。そして、平日の午前中には、宿題の山を片付け、午後からは水泳記録会に向けて練習。規則正しく休み中の生活リズムを自ら作り、充実した夏休みが過ごせました。

来年は早くも中学生。部活も始まり、どんな部活に入り、宿題も今まで以上に増え、夏休みをどのように過ごしているのか検討もつきません。でも、今年のような充実した夏休みとして欲しいです。

私の子どもの頃に比べて、近年、怖いニュースを耳にする機会が、多くなったように思われます。子ども達の笑顔が奪われないように、日々の生活の中で生活の乱れが起きないように注意していきたいです。

豊根小だより  10月

輝く笑顔で力を発揮! ~ 平成27年度村民運動会 ~

9月19日(土)、「みんながつながる運動会 Go to next 10years」をスローガンに掲げ、平成27年度の村民運動会が行われました。clip_image002

子どもたちは、村民のみなさんと一緒に力いっぱい競技・競遊に取り組み、満足そうな笑顔を輝かせていました。また、種目の中で、子どもたちが紹介され、大きな拍手や歓声が上がったときは、子どもたちが地域の方々から温かく見守られていることを感じさせられました。閉会式では、今回の運動会を総括するような児童会長・清川羽菜さんのとても立派な挨拶が印象的でした。

「みなさん、今日の運動会は、練習と比べてどうでしたか?小・中学生のみなさんは、練習よりも声や力が出せていたと思います。村のみなさんも各地区で練習していた時よりも力が入ってがんばれていたと思います。今日は今年のスローガンである『みんながつながる運動会~Go to next 10years~』のように、小中学生、村のみなさんが一つにつながり力を合わせて戦ったから白熱した素晴らしい運動会ができたと思います。村制10周年の村民運動会がまた、次の10年も続いていくことを願い、これからも地域のみなさんとの交流を大切にしながら過ごしていきたいと思います。まだまだ小中学校では、これからも行事が続きます。小学生はマラソン記録会や学芸会、中学生は、豊煌祭があります。その時も今日のように力いっぱい頑張りたいと思います。ぜひ見に来て応援してください。」

村民運動会を終え、つながる村民の団結力あふれる素晴らしい光景が、子どもたちの胸に焼きついたことでしょう。

《新記録賞》

100m走5年男子 熊谷直城くん 記録15秒9 (これまでの記録を0.4秒上回りました!


clip_image005

迫力ある素晴らしい演奏に感動

~ 奥三河芸術鑑賞会~

9月8日(火)に、「奥三河芸術鑑賞会」が村民体育館で開催されました。『セントラル愛知交響楽団』のフルオーケストラによる迫力ある演奏を聴かせていただきました。「運命」「天国と地獄」などの馴染みのあるクラッシックの曲や、「待ちぼうけ」「赤とんぼ」などの懐かしい童謡を女性ソプラノ歌手の素晴らしい歌声と一緒に演奏してくれました。楽器の紹介コーナーでは、いろいろな楽器をユーモアたっぷりに紹介してくださったので、子どもたちは興味深く聴くことができました。最後には、「歌よありがとう」と「豊根小学校校歌」をオーケストラの伴奏で、小中の児童・生徒が気持ちよく歌い上げました。


ジューシーほかほかハンバーグウ!

あと半年でできあがり♪

4年担任 伊 藤 綾 美

clip_image007 「豊根小をハンバーガーに例えたら、高学年と低学年にはさまれた4年生はハンバーグだよ。ハンバーグがおいしくないハンバーガーなんて食べたくないよね。」と始業式の日に子どもに話しました。数日後の学活の話し合いで決まったのが、「ジューシーほかほかハンバーグウ」という学級訓です。どんな姿がジューシーでほかほかなのかを子どもたちは自分の言葉で表現しました。また、「ハンバーグウ」の「グウ」には、「good」の意味をこめるというアイディアも子どもから出ました。発想力のある魅力的な子どもたちです。1年生のころから続けてきたという帰りの会の最後に担任とじゃんけんをするという活動も、今年度は、「最初はグー」の代わりに「ハンバーグウ!じゃんけんぽん。」と言いながらしています。その結果に一喜一憂しながらも、「先生、さようなら!」と元気よく教室を出ていく子どもたちを見送るのがわたしの日課になっています。

半年をふりかえると、どんなことにも「真剣」になれる4年生に大きなパワーを感じています。授業も真剣、当番活動も真剣、最近では、運動会の練習に真剣。元気よく腕を振って行進したり、おなかから力いっぱい「がんばるぞ!」と声を出したりする姿には、全力を出すことを決して恥ずかしがらない学級の底抜けに明るくすなおなパワーがみなぎっています。

ここからの半年は、このパワーをどこに向かわせるかが鍵になります。今までは、上級生に言われたことに一生懸命取り組むことで、4年生としての役割を果たし、上級生を支えてきました。これからは、少しずつ、自分たちで考えて動く力をのばしていかなければならないということに、子どもたちも気づき始めています。上級生の様子に学びながら、子どもたちが高学年になるための力をたくわえて来年度を迎えられるようにしていきたいです。児童会の活動や学芸会、6年生を送る会などの行事への取り組み、そして、もちろん、毎日の給食の準備や清掃などの活動を通して、さらにパワーアップしていく4年生をめざして。どんなことにも「真剣」になれる4年生なら、きっとそれができると信じています。


高学年として

5年担任 西谷 大輔

高学年として豊根小学校のお手本となることをめざし、5年生は「Thirteen Bird」という学級目標を掲げました。13人が協力し、お互いが助け合いながら大きく飛び立とうという願いが込められています。

1学期がスタートし5ヶ月が過ぎました。多くの場面で、5年生の活躍する姿が見られました。委員会活動では、副委員長として3・4年生の仕事を手伝ったり、自ら進んで企画を進めたりすることができました。特に、なかよし班の活動では、班長や副班長を努め、班をまとめることができました。また、合唱や金管、和太鼓の活動、運動会への取り組みなど、6年生と協力したり、少しずつ工夫を加えたりすることで、より有意義な活動になりました。

しかし、自分の思いや考えに自信がもてず、堂々と取り組もうとする意識が低いように感じる場面があります。2学期からは、自分たちが中心となって活動を企画していく機会が多くなるので、失敗を恐れずに13人が一致団結して、大きな力を発揮してほしいです。

後期の児童会に向けて、5年生はclip_image0093名が立候補しています。自分が、後期の児童会を「盛り上げたい」という思いをもつ子どもが増えてきています。

2学期、そして3学期も豊根小学校児童のお手本となれるよう、高学年としての強い思いが高まってきています。今後の活躍も期待してください。


一つ一つの扉を開けて

6年担任 山本 亜矢子

clip_image011 6年生は,4月に富山小学校から来た栞さんを迎え、遵君、羽菜さん、未優さんの4人となりスタートしました。6年生の学級目標は,進め!中学生への扉~自分から・優しく・最後まで・がんばる~です。中学生になるためには、たくさんの試練の「扉」が待っています。とにかく4人で、全校46人を引っ張っていかなければならないのです。「自分から・優しく・最後まで・がんばる」ことができるようになれば、きっと心も身体も成長し、立派な中学生になれるだろうと4人で考えて立てためあてです。

教室には、たくさんの「扉」が掲示されています。行事の前にそれぞれがめあてをもち、行事が終わったあとふりかえりをする、そうすると一つ扉が開かれます。4月当初に作ったその扉は、閉じたままとてもたくさんありましたが、いつの間にか半分近く扉が開かれてきました。一つ一つの振り返りをみてみると、「6年生として素早く行動できた」とか「もう少しclip_image013大きな声を出せばよかった」とか自分の状況をとらえて振り返りができています。また、学級会を毎月開き、自分たちができていること、まだまだ足りないなと感じることなどを話し合っています。

修学旅行、マラソン記録会、学芸会と2学期も忙しいですが,力を合わせて一つ一つの「扉」に立ち向かっていってほしいと考えています。

教室に掲示してあるたくさんの「扉」たち、

だいぶ扉が開いてきました。


記録に挑戦!! ~校内水泳記録会~clip_image002[4]

校内水泳記録会が8月27日に実施されました。1~3年生が25mタイムトライアルと5分間泳に、4~6年生が25mタイムトライアルと10分間泳に取り組みました。多くの声援を受けて自分の限界まで泳義切る姿が数多く見られ、夏休みの練習の成果が発揮できた記録会になりました。

≪新記録賞≫

25mタイムトライアル 4年鈴木莉夢くん 記録19秒3 (これまでの記録を0.1秒上回りました!)

《泳力賞》

1年 新木 悠大 くん ( 5分間泳) 63m

1年 當山 湧美 さん ( 5分間泳) 77m

2年 筒井 環 さん ( 5分間泳) 114m

2年 依田 晴菜 さん ( 5分間泳) 143m

3年 筒井 湊 くん ( 5分間泳) 155m

4年 青山 さくら さん (10分間泳) 333m

4年 鈴木 莉夢 くん (10分間泳) 367m

5年 熊谷 直城 くん (10分間泳) 358m

5年 村井 駿斗 くん (10分間泳) 402m

《泳力賞の基準》

学年の目標距離を上回った児童に与えられる賞

〔学年別目標距離〕

1年: 25m(5分間泳)

2年: 50m(5分間泳)

3年:150m(5分間泳)

4年:300m(10分間泳)

5年:350m(10分間泳)

6年:400m(10分間泳)

《がんばり賞》

1年 當山 湧美 さん

2年 依田 晴菜 さん

3年 清川 唯花 さん

4年 青山 さくら さん

4年 金指 真花 さん

5年 青山 翔 くん

5年 村松 燦 さん

5年 依田 愛香 さん

2年 金指 大河 くん

2年 夏目 有彩 さん

3年 下夕村 夏月 くん

4年 井指 穂奈美 さん

4年 熊谷 紀宏 くん

5年 清川 幸太 くん

5年 村松 美祐 さん

6年 清川 羽菜 さん

《がんばり賞の基準》

夏休み期間中のプールの出席回数が、開催日の70%以上であった児童に与えられる賞

※本年度はプールが18日開催されたので、13日以上の出席者が表彰されます。(5年生は臨海学習があったため、12日以上の出席者となっています。)

10月の予定

11月の予定

7日(水)~9日(金)修学旅行(6年)

9日(金)都市体験学習(1・2年、3・4年)

15日(木)もみじ給食 小中合同遊び

21日(水)金管講習会

22日(木)豊根村教育研究会「授業研究会」

25日(日)全校出校日「とよね文化祭in食の祭典」(金管・合唱参加)

26日(月)*振替休業日

28日(水)合唱講習会 PTA役員・理事会③

29日(木)豊川特別支援学校との交流会

30日(金)短縮授業

※職員が津具小研究発表会参加

7日(土)図工作品展示※豊根中の豊煌祭にて

12日(木)就学時健康診断(来年度入学児童)

13日(金)授業公開日・学校保健委員会②

校内マラソン記録会

16日(月)小中合同地域美化活動

20日(金)学芸会予行(村民ホール)☆弁当

28日(土)学芸会(村民ホール)☆弁当

30日(月)*振替休業日

セントラル愛知交響楽団の演奏会が体育館でありました。

曲目は、「天国と地獄」「運命」などクラシック曲を6曲、「この道」など日本の名曲を歌い入りで4曲、そして、オーケストラの演奏をバックに「歌よありがとう」「豊根小学校校歌」を小中学生が合唱しました。

DSC05020


楽器紹介
DSC05025DSC05026

指揮者体験DSC05049

オーケストラの演奏に包まれながら合唱しました。DSC05061

生の弦楽器の音の深み、透き通るような管楽器の音色、打楽器やハープ等が加わった湧き上がるような演奏を聴くことができ、子どもたちにとって、とてもいい演奏会となりました。このような演奏会を開いていただいたことに感謝です。

始業式児童会長発表「2学期の抱負」清川羽菜

clip_image002

・夏休みは楽しめましたか?

・終業式、校長先生から「できるようになったことは、どんなことかな?」という話があった時、みんなが「できるようになったことが増えたよ!」という声が上がり、すごいなあと思いました。これから2学期も、できることを増やし続けてがんばりましょう!

・『ばっちりレインボーズ』めあてに気を付けながら生活しましょう! 特に青色の『相手の気持ちを考えよう』を意識してください。2学期は大きな行事がいっぱいあります。楽しい学校生活を送りましょう!

☆自分の頑張ってきた足跡を見つめ直し、成長を確かめる。

☆見通しをもつ。目標をもって頑張ることの大切さ。 文責(西山)

豊根小だより   9月

夏 休 み 中 の P T A活 動 か ら

リサイクル活動 ~ご協力ありがとうございました~

image 8月1日(土)にリサイクル活動を行いました。村民の方々のご協力により、下表のとおりたくさんの新聞、雑誌等を回収することができました。豊根小学校の児童も、汗を目いっぱいかきながら重い資源物品を一所懸命運んでくれました。リサイクル活動により得た収益金は、子どもたちの教育活動に有効活用させていただきます。資源回収に協力していただいた皆様、また当日積み込み作業をしたいただいた皆様には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。imageimage

 

 

 

 

 

回 収 品

回 収 量

単 価

金 額

合 計

段ボール

新聞紙

雑誌

牛乳パック

アルミ缶

茶色一升瓶

ビール瓶

ビール瓶ケース

6,170㎏

8,880㎏

9,000㎏

120㎏

420㎏

600本

89本

2箱

6円(1㎏)

6円(1㎏)

4円(1㎏)

6円(1㎏)

20円(1㎏)

5円(1本)

5円(1本)

200円(1箱)

37,020円

53,280円

36,000円

720円

8,400円

3,000円

445円

400円

150,099円

自然と親しむ会 ~そうめん作りと川遊び~

clip_image008 リサイクル活動終了後、会場を豊根小学校に移して自然と親しむ会を行いました。

開会式の後、まず、親子で夏野菜サラダそうめん作りに取り組みました。子どもが野菜、親がそうめん作りを担当しました。トマトやキュウリを切るわが子の包丁さばきにドキドキ・ハラハラしながらも、温かい声をかけ、見守る姿が印象的でした。できあがったそうめんの味は暑さを忘れるぐらいのおいしさでした。

clip_image010

昼食後は、川遊びを行いました。本年度は場所を変え、黒川橋の下で行いました。旧豊根小の水泳場でもありました。少し流れが速く、滑りやすかったですが、子どもが安全に遊ぶことができるようにと、お父さんや先生方が見守るなか、子どもたちの楽しむ声が響きました。水の冷たさや流れの速さを感じながら、浮き輪につかまって泳いだり、水の中を歩いたり、魚をつかまえようとしたりして、プールでは味わえない自然を感じることができました。

保護者のご協力で、子どもたちにとって有意義な会になりました。

親子環境美化作業~学校や学校周辺がきれいになりました~

clip_image012 8月22日(土)に親子環境美化作業が行われました。

多くの保護者の皆様にご参加いただき、お子さんと一緒に運動場や校舎周辺の除草や草刈、側溝の泥出し等を行っていただきました。2時間30分ほどの作業時間でしたが、学校の周りが大変きれいになりました。すがすがしい気持ちで新学期がスタートできそうです。ご協力ありがとうございました。作業終了後、児童・生徒の保護者への引き渡し訓練を行いました。今回の訓練の反省を次回に生かしていきたいと思います。

 
image

5年生

臨海学習に

行ってきました! 月21日(火)~7月23日(木)

 

7月21日から3日間、西尾市一色町佐久島へ臨海学習に行ってきまclip_image017した。船のデッキで波しぶきをあびて移動しました。

1日目、毎年お世話になっている民宿「魚増」に到着。昼食の佐久島名物の「大アサリのフライ丼」をしっかり食べてから、いざ海へ。まずは海に慣れるため水遊びです。すると、「温かい」「しょっぱい」「波が来る」など感じたままの言葉が出てきました。プールとの違いを実感。その後、学校で練習した泳力を生かして、深い所にチャレンジする子もいました。みんな一生懸命泳ぐことができました。

clip_image019 泳いだ後は、魚釣りです。小さなアジやサバがたくさん釣れ「やった!釣れた」「えさを早く準備して」「大きいぞ」など釣り場に楽しそうな声が響きました。みんなすっかり釣り好きに。夜には、花火をして「きれい」と喜んで、あっという間に時間が過ぎました。

2日目は、雨が時折パラパラと降るあいにくの天気でしたが、雨間を見て10分間泳を行いました。全員が時間いっぱい泳ぎきることができました。休憩後、海で遊ぶ時間をとりました。浮き輪で波に漂ったり、砂で遊んだりと思い思いに楽しみました。その後、少し波が出てきたため予定されていたカヤックは中止になりましたが、その分、子どもたちは、大好きになった釣りに再度挑戦。前日よりも、大漁でした。悪天候でもしっかり佐久島の海を満喫できました。夕食では、釣った魚をから揚げや煮つけにして出していただきました。魚が苦手だという子もここでは、モリモリ食べることができました。夜は、班に分かれてカードゲームをして、仲間とのふれあいを深めることもできました。clip_image021

3日目は、徒歩で佐久島の観光スポットの一つである「おひるねハウス」を中心に島巡りを行いました。また、「魚増」を後にする際、新實さんのご家族に感謝の気持ちをこめて合唱をプレゼントしました。

高学年としての自信や自覚、協力することの大切さを実感できた臨海学習となりました。

~豊根小学校 7月の主なできごと~

プール開き〔全校児童〕(7月1日)clip_image002[4]

一日ダム大学〔3・4年〕(7月7日)clip_image004[4]

1学期末保護者会(7月3日)clip_image006[4]

七夕集会〔児童会〕(7月8日)clip_image008[4]

9月の主な予定

10月の主な予定

1日(火)第2学期始業式

4日(金)保小中合同避難訓練

・消火栓使用訓練

8日(火)芸術鑑賞会

「セントラル愛知交響楽団」

11日(金)6年生保護者会

(修学旅行説明会)

19日(土)村民運動会

20日(日)※村民運動会予備日

21日(月)※小中のみ運動会予備日

24日(木)振替休業日

29日(火)後期児童会役員選挙

7日(水)~9日(金)修学旅行(6年)

9日(金)都市体験学習(1・2年、3・4年)

15日(木)もみじ給食

21日(水)金管講習会

22日(木)豊根村教育研究会授業研究会

24日(土)とよね文化祭(金管・合唱参加)

26日(月)PTA役員・理事会③

28日(水)合唱講習会

29日(木)豊川特別支援学校との交流会

 

~豊根村民運動会のご案内~

本年度は、合併10周年記念大会でもあります。地区の皆様の多数のご参観、ご参加をお待ちしております。

・日 時 平成27年9月19日(土) 午前9時 開始

・場 所 豊根小・中学校運動場

・スローガン 「みんながつながる運動会 ~Go to next 10years~ 」

・その他 詳しい内容は、各戸に配付されるプログラムをご覧ください。