11月29日 絹姫サーモンのパッケージ

 「絹姫サーモン」とは、アマゴとホウライマスをかけ合わせた魚のブランド名のことです。校区内にある養殖場で育てられています。

 このたび、この絹姫サーモンを使って作ったキーマカレーが、レトルトカレーとして製品化されました。

 縁があって、そのパッケージに本校の児童ひとりひとりが描いた魚の絵が載ることになりました。4年生の児童は、「食べる人が笑顔になってほしいと願いを込めました」と話しました。

 清流で育てられた絹姫サーモンは、とても味がよいです。食を通して、奥三河のよさが他の地域に広く伝わることを願っています。

IMG_0044-2【ブログ用】.jpgIMG_0057【ブログ用】.JPG

11月25日 本年度最後の集合学習

 本年度最後の集合学習を実施しました。低学年は、田峯小学校で、中・高学年は、清嶺小学校で、それぞれ体育と音楽の授業を行いました。

 中学年は、グラウンドでサッカーをした後、みんなで合奏をしました。一緒に練習する時間が短かったにもかかわらず、互いに呼吸を合わせて見事に演奏しました。演奏を終えた後の、児童たちの満足そうな表情が印象的でした。

IMG_0034【ブログ用】.JPG

11月11日 マラソン大会に向けて

 朝の活動時間、12月に行うマラソン大会に向けての練習を開始しました。それぞれの児童が、自分で決めた目標の達成を目指して取り組みます。

 小学校最後の大会となる6年生は、「今年初めてのマラソン練習だったけれど、楽しく走れました。昨年度の記録を上回るようがんばりたいです。」と話しました。

IMG_0021【ブログ用】.JPG

 デイサービス「だみね」の職員の方と、そこに通うお年寄りの代表の方が本校を訪れ、手づくりの雑巾と、チラシを折って作ったゴミ入れをくださいました。1学期に、児童たちから贈られた茶の葉の御礼とのことでした。手紙も添えられていましたので、その内容の一部を紹介します。

 「あなた方が摘んだ心のこもった新茶を、感謝いっぱいいただきました。『おいしかったです』『ありがとう』。あなた方の心づかいを忘れず、元気を出します。あなた方の気持ちを忘れず、元気を出します」

 お茶を喜んでくださったこと、私たちもうれしく思います。いただいたものはありがたく使わせていただきます。

IMG_0008【ブログ用】.jpg

11月5日 造形展見学

 全校児童が造形展を見学しました。造形展とは、設楽町内の児童生徒の作品を集めた展示会のことです。昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため実施できませんでしたが、やはり他校の作品を見ると、児童たちは、よい刺激を受けます。

 児童の感想を紹介します。

 「細かな工夫や、難しい作業があった作品があり、すごいと思いました。」

 「自分には思いつかないアイディアがありました。取り入れて家で作ってみたいです。」

IMG_0005【ブログ用】.JPG

10月21日 収穫祭

 1学期に学校の畑に植えたサツマイモを、児童が収穫しました。イモの数を数えたら、300個以上ありました。低学年の感想を紹介します。

 「掘るのが難しかったけれど、土の中にイモを見つけるたびに、早く掘り出して食べたいと思いました。」

 「他の班のイモは大きかったけれど、私の班のイモは小さかったのでずるいと思いました。」

IMG_9986【ブログ用】.JPG

10月6日 いのちの教室

 3・4年生を対象に「いのちの教室」を行いました。助産師と町内在住の妊婦さんをお招きしました。赤ちゃんのエコー画像をリアルタイムで見たり、大きくなったお腹を触らせてもらったりしました。また、児童たちは「親からの手紙」を読みました。生まれる前や生まれた時の様子、我が子への思いなどを知り、何度も読み返していました。

IMG_9880.JPGIMG_4758.JPG

9月30日 1・2年生の交流

 設楽町立津具小学校の1・2年生が来校しました。遠足に出かけた帰りに立ち寄ってくれたのです。本校の1・2年生と、ゲームなどをして過ごしました。児童たちは、「今度は私たちが津具小学校へ行きたい」と、話しました。

IMG_9877【ブログ】.JPG

9月24日 長篠の戦いの史跡を訪れました

 5・6年生が、社会科の学習の一環として新城市設楽原歴史資料館と長篠城址・史跡保存館を訪れました。有名な長篠の戦いの舞台になった地です。本校からは車で30分程度です。

 児童たちの感想を紹介します。

 「火縄銃が予想以上に重かった」「かつてここで大きな戦いがあったんだなあ、と、しみじみ思った」「私は鳥居強右衛門のファンでしたがもっと好きになりました」

IMG_0062.JPG

9月22日 池の清掃

 本校には小さな池があり、たくさんの金魚が泳いでいます。児童たちは、当番制でエサをあげます。児童が池の縁に立つと、エサがもらえるとわかっている金魚たちは一斉に近づいてきて、水面で口をパクパクさせます。

 5・6年生が、この池を掃除しました。金魚たちを丁寧に水槽に移し、池の底をブラシでこすります。清掃後は見違えるようにきれいになりました。5・6年生の中には、低学年の頃に池に落ちて、ずぶ濡れになった子もいたようです。今は膝にも達しない深さのこの池。みんな大きくなりました。

IMG_9851.jpg

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30