7月23日(土)午前6時30分から運動場で「朝からいきいきラジオ体操」をしました。

この「朝からいきいきラジオ体操」は、したら保健福祉センター主催の「いきいきしたら計画」の活動の一つで、今年で9年目になります。

毎朝、ラジオ体操をすることで、早起きの習慣をつけて生活リズムを整え、一日元気に過ごすことを目的としています。

DSC04727

昨年のこの会は、大雨警報発令のため、中止となりましたが、今日は、曇りの涼しい朝で、上々のコンディションでした。

午前6時15分頃から、子どもたちや家の人たち、地域の方々が、運動場に集まってきました。

そして、6時30分、みんなで体操開始!ラジオ体操第1と第2をしました。

設楽町体育活動推進員の林さんが前に立って模範を示してくださり、体操のポイントを教えてくださいました。

子どもたちは、家の人や地域の方々と一緒に元気よく体を動かしました。

DSC04728DSC04735DSC04733DSC04725DSC04730DSC04726DSC04736DSC04732DSC04731DSC04740

今日、参加した児童は、17人。参加者は、全員で約60人でした。

全参加者にノートと歯ブラシが配られました。子どもたちは、「いきいきしたら計画」の活動に参加したということで、「いきいきちゃん」のポイントシールももらいました。

DSC04750DSC04745DSC04746DSC04744

ラジオ体操は、昭和3年に制定された体操で、90年近い歴史があります。ラジオの普及とともに、全国に広まりました。

曾おじいさんや曾おばあさん、おじいさんやおばあさんが、子どもだった頃から今日までずっと日本中の人に親しまれてきたものです。

ラジオ体操は、大変健康によい体操です。

家族みんなで、「朝からいきいきラジオ体操」に積極的に取り組み、さわやかな一日をスタートさせてください。

清嶺っ子のみんな、夏休み中、ラジオ体操を毎日続けて、元気に過ごしましょう!

DSC04739  ZJ_04_12

無事1学期終了! 明日から夏休みです

7月20日(水)、1学期終業式を行いました。式では、19人全員が、1学期にがんばったことと夏休みにがんばりたいことを、本当に立派に発表しました。

「はい」というきりりとした快活な返事、自分の思いを素直に堂々と語る姿、友達の発表を真剣に聞く姿、どの子の態度も大変すばらしいものでした。

DSC04686DSC04694DSC04683DSC04682DSC04680DSC04676DSC04673DSC04671

5・6年生の1学期にがんばったことで最も多かったのは、体育指導会のソフトテニスをがんばったというものでした。指導会で好成績をあげたのは、5・6年生の努力の賜でした。

子どもたちの発表は、1学期間のがんばりを物語っていました。成長の証だと思いました。

夏休みにがんばりたいことで多かったのは、プールにたくさん行って泳ぐことでした。自己ベストや新記録を、また、泳ぎ方の向上を目指していて、感心させられました。

保護者の皆さん、清嶺小学校を支えてくださった全ての皆様、1学期間ありがとうございました。

 

~子どもたちへ~

元気に安全に、楽しい夏休みを過ごしてください。 思い出をいっぱい作ってくださいね!

7月19日(火)の朝礼時に、校長が、川の学習に一生懸命取り組んでいる3・4年生の思いとその活動の様子を、全校の子どもたちに知らせました。

DSC04653DSC04648

3・4年生は、教室で川や海、魚などについて調べ学習をしたり、学校近くの野々瀬川や寒狭川で、魚釣りやごみ拾い、水生生物調査などの川の活動をしたりしてきました。

これまでの学習を通して、3・4年生は、川を守りたい!という強い願いをもつようになりました。

3・4年生の3人は、ふるさとの川が、魚が泳ぐ清らかな川、海までずっときれいな川であってほしいと願って、「川を守りましょう」という呼びかけのポスターを作りました。

そして、今日の午後、学校近くの商店や鮎のおとりを売っている所などに、掲示させていただきに行きました。

DSC04647DSC04652DSC04654DSC04651

校長は、朝礼時の講話で3人のがんばりを紹介し、ビニルやプラスチック、ペットボトルの破片の細かいごみが、今、海岸や海で大きな問題になっていることを話しました。

話を聞く子どもたちの真剣な表情が印象的でした。

本校の子どもたちは、ふるさとの川が好きです、川の魚も好きです。

川をきれいにしたい、守りたいという思いを、毎年、実行に移しています。

7月15日(金)、全校でALTのリサ先生のお別れ会をしました。

子どもたちは、これまで、リサ先生に外国語を教えていただいたり、外国の生活や遊び、文化のお話などをしていただいたりしてきました。

そして、今日は、お世話になったリサ先生の最後の授業の日でした。

DSC04562DSC04575

お別れ会の企画・進行は、児童会の役員が中心となって担当しました。

学期末で、子どもも担任もいろいろすべきことがある中でしたが、みんな、リサ先生に喜んでいただこうと、一生懸命、会の準備をしました。人を大切にできる、人のためにがんばれる、優しい子どもたちです。

DSC04563DSC04566

ゲームも、英語を使うように工夫していました。探す物の名前が書いてある紙を引いて、その物を探し、その物に入っている色を、例えば、レッドと英語で言うゲームを楽しみました。

DSC04567DSC04565

そして、各学年・学級ごとに、心をこめて手作りしたプレゼントをお渡ししました。素敵なアクセサリーのような飾りや、子どもたちの素敵な写真のカレンダー、お手紙など、どれにも、子どもたちの感謝と親しみの気持ちがいっぱい詰まっていました。

DSC04570DSC04569

「リサ先生、ありがとうございました」という子どもたちの純粋な思いと、リサ先生のうれしそうな笑顔が印象的な、心温まる会になりました。

DSC04581DSC04577

リサ先生、ありがとう!アメリカに帰っても、ずっとお元気で!

7月14日(木)午前、中学年の3人は、学校裏の寒狭川で、本校の伝統的活動である「川の活動」の水生生物調査を行いました。

本年度の中学年は、3人と少人数ですが、責任感があり、チームワークのよいがんばり屋の子どもたちですので、力を合わせて伝統を引き継ぎ、今日も、積極的に川の活動に取り組みました。

CIMG0647CIMG0650CIMG0649CIMG0652CIMG0648CIMG0653

指標生物による水生生物調査では、虫のことをよく知っている4年生のDくんが活躍しました。昨年度、調査活動をした経験も生かして、活動をリードしました。

3年生の二人も、一生懸命でした。講師の先生のお話や担任の説明をよく聞き、熱心に活動しました。

自分たちで実際に調査をして、寒狭川がきれいな川であることが分かり、3人は「よかった!」と喜んでいました。

CIMG0654CIMG0646CIMG0644CIMG0659CIMG0643CIMG0642CIMG0663CIMG0641CIMG0661CIMG0657

水生生物調査活動を通して、子どもたちのこのきれいな川を守りたいという気持ちは、ますます強くなりました。

中学年の3人の「川についての学習」は、これからも続きます。川を守ることの大切さを、多くの方々に伝え、訴えることもしていきます。

「ふるさとの清らかな川をいつまでも大切に……。」

CIMG0639CIMG0638CIMG0636CIMG0637

7月14日(木)の朝の全校活動は、読書タイムでした。

全校児童が図書室に集まって、自由読書をしました。

高学年は、活字の多い本を読んでいて、感心させられました。

低・中学年も、絵本の絵やストーリーを楽しんでいました。

DSC04492DSC04493DSC04494DSC04495DSC04507DSC04508

読書の後、図書館主任が子どもたちに課題図書について紹介し、夏休みに読むように薦めました。子どもたちは、真剣に話を聞いていました。

DSC04518DSC04519DSC04523DSC04521

時間のにゆとりの生まれる夏休みには、ぜひたくさんの本を読んでほしいと思います。良書との出会いにより、心が豊かになり、知識も身につきます。

DSC04505DSC04509

たくさんの本が子どもたちを待っています。

子どもたちが素敵な本と出会えますように!

図書室の児童用の椅子が、本年度予算で新しくなりました。6月末のことでした。ご紹介が遅れていました。

DSC04501DSC04497DSC04511DSC04510

6月はじめには、理科室・家庭科室にも、児童用の新しい椅子を入れていただきました。

町教育委員会と町の皆様が、子どもたちのことを思って、ご支援くださり、このように学校の教育環境を整備していただけます。

子どもたちも、感謝の気持ちをもって、大切に使っています。

DSC04503DSC04499

本当にありがたいことだと思います。

関係機関の方々や町民の皆様に感謝申し上げます。

7月13日(水)、全校で設楽町田口のスイスイパークに行き、本年度3回目の水泳学習をしました。

DSC04367DSC04370

高学年の子どもたちは、どんどん泳ぎ、スタートやスピードを出す泳ぎ方の練習をしました。今後の練習や記録会の目標をもつため、タイム計測もしました。

DSC04372DSC04376

低・中学年の子どもたちも、ずいぶん水に慣れてきました。今日は、腕の動かし方や息継ぎの仕方、スタートの仕方などを熱心に練習しました。水遊びの段階から、泳力をつける水泳の段階に入ってきました。

DSC04371DSC04373

全学年、どの子も、今日も一生懸命練習し、2時間足らずの練習で、また一段と泳ぎ方がよくなってきました。

8月25日の全校出校日のときには、水泳記録会を実施します。

町の関係の方々のご理解とご支援により、プール便のバスも出していただけますので、子どもたちには、夏休み中もプールにたくさん通って、さらに上手に速く泳げるようになってほしいと思います。

DSC04370DSC04435DSC04360DSC04378

夏休み中のプール使用時も、利用のきまりやマナーを守り、安全に楽しく水泳をして、泳ぐ力を伸ばすようにと、休み前に再確認の指導をします。

DSC04399DSC04400DSC04408DSC04366

プールの関係者のみなさん、そして、子どもたちを見守ってくださるみなさん、子どもたちがお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

 

本校は、小規模校なので、いろいろな活動を、よく全校で行います。そして、子どもたちは、どんなことに対しても、前向きに取り組みます。

7月13日(水)、今朝の全校活動は、奉仕の活動の草取りでした。

DSC04348DSC04350

なかよし班ごとに、担当の場所の草取りをしました。1年生から6年生まで、どの子も黙々と草を抜きました。職員も子どもと一緒にがんばりました。

DSC04353DSC04354DSC04355DSC04349DSC04356DSC04357

朝とはいえ、蒸し暑い中、一生懸命取り組み、みんなで汗を流しました。

みんなで力を合わせると、大きな力になります。

ご覧のとおり、運動場がとてもきれいになりました。すっきりです!

総合的な学習の時間に工房 木と革 aoyamaを訪問し、「自然を生かしたモノづくり」~木工職人の青山和志さんから学ぼう~をテーマに木工体験学習をしました。

講師の青山さんのお話を聞きました。

「自然豊かな設楽町の山にある木の中から、今日はサクラ(ソメイヨシノ)を使って、スプーンを作ります。木には、捨てるところはありません。切り倒した木は死んでしまうけれど、加工すれば生かされます。今日は、スプーンとなって生き返るわけです。残った木は、燃料になって生かされます。」

CIMG0606 CIMG0607

「ここの鞍掛山から流れてきた水は、みんなが田植えをした田んぼを通って、野々瀬川、寒狭川、豊川、そして三河湾に流れるんだね。その三河湾に浮かぶ佐久島へみんな臨海学習に行くんだけど、単に海として見るのではなく、みんなが住んでいる清嶺の水でつながっていると思って見てください。」

次に工房、展示ルームを見学させていただきました。

CIMG0610 CIMG0609

青山さんが大切にしている「素材」「技術」「デザイン」について、5・6年生は、メモを取りながら、見学しました。木のぬくもりを肌で感じ、おしゃれなデザインに目を奪われました。

木工に使う機械も見せていただきました。椅子の部品や作業工程を聞きました。青山さんは、木の木目を見ただけで、何の木か分かるそうです。すごいですね。

「木には、それぞれ個性があり、適材適所に生かして使います。これは、人も同じですね。」と語る青山さん。

CIMG0612 CIMG0611

作業場に戻って、カンナがけの体験をしました。

CIMG0615 CIMG0616

そして、いよいよスプーン作りです。

CIMG0618 CIMG0619

くぼみの部分は、とても難しいので、青山さんが加工してくださいました。今回、5・6年生は、柄の部分を加工しました。

クルミを割って、実を取り出し、仕上げの油を塗ります。

CIMG0621 CIMG0622

すてきなスプーンができあがりました。もちろん、「世界に一つだけのスプーン」です。以下は、子どもたちのお礼のことばです。

「木のよさをからだで感じることができました。」「おしゃれなお店も見せていただき、貴重な体験ができました。」「ひとつのものを作るのに、長い年月がかかっていることが分かりました。」

青山さんから、「このスプーンをずっと使ってください。」の言葉をいただきました。青山さん、今回も大変お世話になりました。すばらしい学習ができました。