4月28日(金)、朝からさわやかな青空が広がり、陽光がきらめいていました。

今日は、本校にとって、大変喜ばしい日でした。

全校児童18人が登校し、子どもたちみんながそろいました。子どもがみんないる、それは、とても尊くて、本当に幸せなことです。

本年度の本校の1年生は、二人です。今日のよき日に、二人そろっての、そして、18人全員そろってのうれしい入学の式を行いました。

小さな学校ならではの、とってもあったかい、すてきな式でした。

clip_image001[34]clip_image001clip_image001[4]clip_image001[6]clip_image001[8]clip_image001[10]clip_image001[12]clip_image001[14]clip_image001[16]clip_image001[18]clip_image001[20]clip_image001[22]clip_image001[24]clip_image001[26]clip_image001[28]clip_image001[30]

1・2年生は、6人です。6人は、担任の先生と一緒に、「きらきらきらりん」と輝くことをめざして、なかよく元気に活動していきます。

広く社会に目を向けても、子どもたちは、学校で、病院で、それぞれのところで、懸命に生きています。

本校の1年生二人も、他の子どもたちも、みんな、純真でがんばり屋です。それぞれの子が、それぞれの思いをもって、今日の日を迎えました。そして、今日を節目にして、通過点にして、また一段と成長していきます。

子どもたちの今と未来は、今日の青空のように明るく、日の光のようにきらきら輝くものであってほしいと強く思います。職員みんなで子どもたちを応援していきます。

clip_image001[32]

新緑の桜をバックにジャングルジムで全校18人で記念写真を撮影! (*^^)v

とにかく、みんなそろってうれしい入学の式ができたことを、本当にありがたく思います。

4月27日(木)、DくんとSくんの二人が、担任の先生と一緒に、国語で学習した『すいせんのラッパ』をペープサートにして発表しました。

聞かせてもらった(見させてもらった)みんなが、お話に引き込まれ、笑顔になりました

IMG_6555IMG_6547clip_image001clip_image001[4]clip_image001[6]clip_image001[8]

~1・2年生の感想の一部~

○二人とも役になりきっていて、すごくよかったです。

○ラッパの音やカエルの声を工夫して言っていて、面白かったです。

○すいせんやカエルやアリの絵が、とても上手だと思いました。

clip_image001[38]clip_image001[10]clip_image001[18]clip_image001[12]clip_image001[16]clip_image001[14]clip_image001[22]clip_image001[20]clip_image001[24]clip_image001[26]

二人もにこにこ楽しそうに発表し、とても満足気な表情をしていました。

手作りのペープサートを上手に操作しながら、一生懸命音読をして発表した二人に、みんなが大きな拍手を送りました。

clip_image001[28]clip_image001[30]

みんなが笑顔になった、心温まるペープサートでした(*^^)v

聞かせてくれて、見させてくれて、ありがとう! また聞かせてくださいね! (^^)

clip_image001[36]clip_image001[34]

ごしごし みんなで床磨き

4月26日(水)、朝の奉仕の時間と掃除の時間に全校みんなで、床磨きをがんばりました。

どの子も黙々と一生懸命取り組みました。小さな手を動かして、汚れをごしごし取っていました。

子どもたちは、みんなで力を合わせて、学校をきれいにしています。IMG_6515IMG_6517IMG_6507IMG_6509IMG_6512IMG_6514

運動場のソメイヨシノは、葉桜になり、今は、八重桜の季節になりました。

6年教室の窓から寒狭川をバックに八重桜が見られます。

少し濃いめのピンク色が目をひきます。フリルがいっぱいのきれいなドレスのようです。

明日、子どもたちに八重桜のことを知らせようっと。

季節を感じ、花を愛でることにより、一層心豊かな子になると思うから……。

IMG_6521IMG_6520IMG_6522IMG_6523

今日、4月25日(火)から課外の指導会練習が始まりました。

これから、北設楽郡体育指導会が開催される6月上旬までの期間、3~6年生は、火・水・金曜日の授業後、ソフトテニスの練習に励みます。

運動場に子どもたちの元気な声が響きます。

一球入魂、一生懸命練習する子どもたちの姿をご覧ください。

IMG_6497IMG_6502IMG_6481IMG_6501IMG_6480IMG_6482IMG_6483IMG_6490IMG_6487IMG_6486IMG_6493IMG_6496

春は出会いと別れの季節です。

4月22日に離任式を行い、お世話になった先生と調理員さんをお送りしました。

お二人のことが大好きだった子どもたちは、最後のお話をしっかりと聞き、涙を流してお別れをしました。

子どもたちに愛情と情熱を傾け、骨身を惜しまずご指導くださった熱血教師のY先生、いつも安全でおいしい給食を作ってくださった、子どもと調理への強い思いをおもちだったT調理員さん、本当にありがとうございました。

写真をアップします。説明の言葉よりも、写真が、お二人と子どもとの絆の深さを物語ります。

clip_image001[62]clip_image001[58]clip_image001[56]clip_image001[48]clip_image001[44]clip_image001[60]clip_image001[52]clip_image001[50]clip_image001[54]clip_image001[46]clip_image001[36]clip_image001[34]clip_image001[32]clip_image001[40]clip_image001[38]clip_image001[42]IMG_6427clip_image001[30]clip_image001[22]clip_image001[24]clip_image001[26]clip_image001[28]clip_image001[18]clip_image001[20]clip_image001[16]clip_image001[6]clip_image001[14]clip_image001[10]clip_image001[12]clip_image001[8]clip_image001clip_image001[4]

お別れは、とても寂しいことですが、先生と調理員さんは、これからもずっと清嶺小学校の子どもたちを応援してくださいます。

子どもたちも、「お世話になりました。私たちは、全校みんなで、これからもがんばります。」などとお伝えしました。

お二人のますますのご健康とご活躍をお祈りします。ありがとうございました。

 

ご連絡とお詫び

PC環境の変化により、ブログの更新が滞っています。申し訳ありません。しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

おはようございます。

昨日の記事の写真をアップします。

clip_image001clip_image001[4]

池が氾濫せず、みんなほっとしていました。

今日も、金魚は、いつものように泳いでいます。

普段と同じということは、ありがたいことですね。

昨日のことです。2時間目後の休み時間に、子どもが呼びに来ました。

「先生!大変です!池の水があふれそうです!」

「すごい水です。金魚が外に出ちゃいます。」

池の排水管が詰まってしまい、池の水があふれそうになっていました。

ワイヤーを通してみましたが、全く流れません。

池のことをいちばん知っている校長が、固いホースを入れると、すぐに上手く流れました。流石です。

間一髪のところで、池の氾濫をくい止めることができました。

「良かった。これで、金魚も安心。」と、子どもたちはほっとしていました。

大変なことが起こったとき、そのことや生き物を心配する優しさに心がほっこりしました。

ハプニングがあっても、落ち着いて対応すれば、なんとかなるものですね。

池の中の金魚は、「池氾濫の危機」も知らず、仲良く追いかけっこしたり、ゆったりと泳いだりしていました。

今日は、ちょっとしたPCのハプニングがあって、アップしたい写真はあるのですが、投稿できません。ごめんなさい。

今朝は、雨が降りそうな天気だったので、草取りを予定していた全校活動の奉仕の時間を明日にし、毎週木曜日の朝に行う読書タイムと入れ替えて、本を読みました。

全校の子どもたちが図書室に集まり、自由読書をしました。小規模校ならではの読書の時間です。真剣に読む高学年の姿は、低・中学年のよき手本になっています。

clip_image001[4]clip_image001clip_image001[6]clip_image001[12]

たのしい読書』の本を読んでいる子、お気に入りのシリーズの物語を読んでいる子、絵本を読んでいる子、どの子も、本の世界に入って、楽しい読書の旅をしていました。

clip_image001[14]clip_image001[16]

じっくり本を読む子どもたち、その様子を見守る教師、傍らで一緒に読書をする教師、図書室がすてきな空間になります。読書タイムは、心落ち着くひとときです。